行政の枠組みでなくオール九州で 九州・沖縄から地方創生の行動を!Part5/5 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1九州・沖縄 フォローアップ会議 
九州・沖縄から地方創生の行動を!Part5/5 質疑応答

G1地域会議 九州・沖縄から一年、フォローアップ会議では、参加者たちがワークショップを行った。テーマは、「企業」「ベンチャー」「観光・食・農・文化」。最終セッションで各グループが発表、高島・福岡市長、樋渡・前武雄市長他がコメントし、最後に質疑応答でしめくくった(肩書きは2015年2月13日登壇当時のもの。視聴時間24分01秒)。

清澄 由美子
アヴァンティ 代表取締役社長

髙島 宗一郎
福岡市長

樋渡 啓祐 
前武雄市長

堀 義人(モデレーター)
グロービス経営大学院 学長
一般社団法人G1サミット 代表理事

【ポイント】
・アイデアを実現するには民間だけでは実現できない面もあるし、行政だけではできないこともある。何ができないのかを知ると、解決が見えるのでは(高島氏)

・人は見えるものしか判断できない。成功例を一つでも二つでも積み重ねるとドライブしていく(樋渡氏)

・九州は東京よりも(移動)時間のコストがかからないのが素晴らしい、という起業家がいた。そういう利点もある(清澄氏)

・一つの国で解決できない問題が増えている。行政の枠組みだけでは足りず、九州全体でとらえる必要がある。行きつくのは道州制かもしれない。オール九州でマルチステークホルダーで動くべき(堀)

・各自が主体的に動きながら、ビジョンの方向に確実に動くということがある(堀)

・動きを見せるのは非常に大事。動きが集合知となっていく(樋渡氏)

・参加者70数名のうち女性は10名いない。女性を増やしたい。女性の労働力で経済にも貢献できるはず(清澄氏)

関連映像はこちらから
Part1/5 法人からふるさと納税を!~樋渡・前武雄市長 
Part2/5 海外人材と若者を増やせ ~企業・地域を変える戦略論
Part3/5 チャレンジする人をサポートする ~ベンチャーを生み、地域を変える戦略論
Part4/5「九州商社」であらゆるものを売っていく ~観光・食・農・文化を活かし、地域を変える戦略論

名言

PAGE
TOP