内閣府特命担当大臣 経済再生担当大臣 社会保障・税一体改革担当大臣・甘利 明氏 アベノミクス3本目の矢 ~成長戦略を実現するアントレプレナーシップとは(G1ベンチャー2014) 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1ベンチャー2014
第1部 全体会 「アベノミクス3本目の矢 ~成長戦略を実現するアントレプレナーシップとは」

安倍内閣は成長戦略の柱のひとつとして、ベンチャー企業の育成拡大を掲げ、税制や雇用改革を積極的に推進しようとしている。起業家たちは、旧来の産業構造に捉われず、新たなイノベーションを生み出し、時代を変革し、国内市場のみならず世界に打って出ようとしている。世界に羽ばたくベンチャー企業の孵化に向けて、市場、税制、人や知恵のインフラをどう整備するべきか。政財学界はどのように連携して、行動していくべきだろうか。安倍内閣の成長戦略のキーマンを迎えて、G1メンバーが取るべき行動を考える。

甘利 明氏
内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)
経済再生担当大臣
社会保障・税一体改革担当大臣

名言

PAGE
TOP