Part4/4 コマツから学ぶグローバルで勝ち抜く組織づくり 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グロービス特別セミナー
コマツから学ぶ グローバルで勝ち抜く組織づくり

早くからグローバル市場に積極的にビジネスを展開し、現在も高収益をあげているコマツ。同社で海外拠点の立ち上げから人事として赴任し、現在は顧問を務める日置政克氏が語るコマツのグローバル展開の取り組みや、その中での人事のあり方。コマツはいかにしてグローバルで勝ち抜く組織を創り上げたのか。強さの源泉を人事の視点から考える。

日置 政克 氏 株式会社小松製作所 顧問 
高橋 亨  グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 

日置 政克 | Hioki Masakatsu
1950年生まれ。東京大学法学部卒業。75年に株式会社小松製作所に入社後人事部に配属され、留学を経て英国コマツに出向。その後、経営企画室コーポレートカルチャー、広報・IR、人事にて部長を歴任、2008年に常務執行役員に就任。2012年7月より現職。
2003年04月 人事部長
2004年04月 執行役員 人事部長
2008年04月 常務執行役員  コンプライアンス、法務、人事・教育、安全・健康管理管掌
2012年04月 社長付
2012年07月 顧問 就任

高橋 亨 | Takahashi Toru
上智大学経済学部卒業。スタンフォード経営大学院SEP修了。大学卒業後、丸紅株式会社にて、機械メーカーとの海外事業展開に従事。7年間の海外勤務では、イランにてインフラ整備プロジェクトに携わった後、在ベルギーの欧州・中東・アフリカ地域の統括会社にて、同地域における事業の立ち上げ、出資先、取引先への経営支援、ファイナンス供与などグローバルビジネスに広く携わる。現在は、グロービス・コーポレート・エデュケーション部門のマネジング・ディレクターとして法人企業向けグローバル案件の統括に加えて、グロービス経営大学院MBAプログラム(日本語・英語)にてグローバル化戦略、リーダーシップ等の講師を、また、企業研修においては、海外展開時における企業戦略・理念の浸透、海外拠点の現地化に伴う課題解決セッションなどの講師業務に携わる。グロービスチャイナ(顧彼思(上海)諮詢企業管理有限公司)董事。グロービスシンガポール取締役。

名言

PAGE
TOP