前グーグル日本法人社長 辻野晃一郎氏 −クラウド時代の国際競争力と21世紀の新しい経済モデル 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22年間在籍したソニーでヒット商品を次々と生み出し、その後グーグルの日本法人社長を務めた辻野晃一郎氏。ソニー、グーグルの強み、昨今のIT業界の潮流、“再定義の時代”としての現在、クラウド時代に国際競争力を保つ秘訣、これからの経営スタイルを語った。(視聴時間:1時間17分23秒。肩書は2011年12月8日登壇当時のもの)。

講演
アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO辻野晃一郎氏

・テスラモーターズ:ITデバイスとしての車の再定義
・「雲を覗く窓」としての家電機器
・近年、業界の重要プレーヤーが完全に入れ替わった
・ソニー・井深氏の設立趣意書から学ぶこと
・グーグル「10の事実」
・日本が誇る3人のイノベータ
・“再定義の時代”を意識したモノ(コンテンツ)づくりとは
・今という時代は、こう捉えよう

名言

PAGE
TOP