ビジネスで迷ったら「歴史」に学べ! 動画3選 

知見録ウィークエンド・アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時代は変われども、歴史に名を残す変革者たちの生き方に、現代人が学ぶことは多い。特にビジネスリーダーにとっては迷った時こそ「歴史」の扉を開くことで、生きる力や処世術、ビジネス戦略などのヒントを見つけることができるはず!

ビジネスリーダーが学ぶべき「歴史」

ビジネスリーダーが歴史を学ぶ意味とは何か。歴史を学ぶことは、海外のビジネスリーダーとのコミュニケーションの武器ともなり、広大な時間軸と空間軸の中で、リーダーとしての視座を養うことにもつながる。人類の歴史を振り返り、未来に新たな価値を生み出すための知識を学ぶ(G1ベンチャー2015/視聴時間1時間13分2秒)。

出口治明氏 (ライフネット生命保険株式会社 代表取締役会長 兼 CEO) 為末大氏(一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事)

「歴史」に学び、未来を創造する

広大な時間軸と空間軸の中で、物事の本質を見抜き、世界を再構築する力を、どのようにして身につけるか。「中国近代化の父」孫文を生涯にわたり支援し、辛亥革命の実現に尽力した日本人、梅屋庄吉の曾孫であり、自身も日中の架け橋として活動を続ける小坂文乃氏。歴史に造詣が深く『仕事に効く教養としての「世界史」』がベストセラーとなった出口治明氏を招き、歴史から学び、未来をつくるための視座を考える(あすか会議2014/視聴時間1時間16分1秒)。

小坂文乃氏 (日比谷松本楼 代表取締役副社長) 出口治明氏 (ライフネット生命保険株式会社 代表取締役会長 兼CEO) 吉田素文(グロービス経営大学院 教員)

「聖武天皇」に学ぶ国づくりとリーダーシップ

律令国家の完成から動乱期を生きた聖武天皇。全国に建立された国分寺・国分尼寺、総本山となる東大寺は、日本の仏教史に燦然と輝く。即位以降、度重なる疫病や凶作、動乱にあって、仏教に鎮護を求め、東大寺盧舎那仏を建立した天皇。「責めはわれ一人にあり」という言葉は、現代に生きるリーダーたちに、覚悟を突き付ける。国をつくるとは何か。リーダーシップとは何か(G1地域会議2014/視聴時間25分47秒)。

下村博文氏 (文部科学大臣/衆議院議員) 森本公誠氏 (東大寺長老/文学博士) 藤沢久美氏 (シンクタンク・ソフィアバンク代表)

「聖武天皇」に学ぶ国づくりとリーダーシップPart2
「聖武天皇」に学ぶ国づくりとリーダーシップPart3

※各登壇者の肩書きはセッション開催当時のものです

名言

PAGE
TOP