MBA経営辞書「ビッグマック指数」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグマック指数(BigMacindex)

マクドナルド社の「ビッグマック」を物価の基準として為替レートの適切さを図ろうとする指数。実体経済をかなりよく反映しているが、一種の「お遊び的」指標の意味合いも強く、あくまで参考指標とみなすのが適切である。

購買力平価の背景にあるのは、「同じ商品はどこでも同じ価格になる」という「一物一価の法則」である。この考え方に立つと、二国間の為替レートは、同じ商品を同じ価格にするように動くことになる。国ごとに異なる価格がついていれば、必ず安い国で買って高い国で売る人が現われるので、結果的に均等化していくと考えられるからだ。

ビッグマック指数は全世界ほぼ共通のレシピで作られていることかえら、エコノミスト誌が、冗談半分で発表してみたところ、実感に近いと好意的に受け入れられ、用いられるようになったという経緯がある。

実際には、ビックマックのサイズや量には地域差があり、曜日によって価格が変わる例もあるので、厳密には「世界中どこでも同じ条件」とはいかないようだ。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約800語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP