MBA経営辞書「チキンゲーム」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チキンゲーム(chickengame)

さっさとその勝負から降りてしまったほうが、失う(あるいは得られる)利得を考えればはるかに得であるにもかかわらず、つまらない見栄や意地にこだわって、時として悲劇的な結果を招くことがあるようなゲームや取引。

チキンゲームの典型は、映画でもお馴染の次のようなシーンだ。2人のバイクに乗った人間が、崖、もしくは壁に向かって疾走する。なるべく崖や壁に近いところまでブレーキを我慢できた方が勝ち(言いかえれば、先にブレーキをかけた方が負け)、というものだ。

勝ったほうは、「臆病ではない」「根性がある」という名誉を仲間内で得ることができるが、一歩間違えれば、極めて悲劇的な結果を招く。

チキンゲームは、ビジネスでもしばしばおこる。「ライバルより先にこの事業を閉じてしまうのはみっともない」「相手が撤退するまでは意地でも事業を続ける」といったケースだ。

人間はメンツを重んじる動物であるため、往々にして、合理的に考えた場合の利得よりも、目の前のメンツが大事に見えてしまうものだ。しかし、目の前のちっぽけなメンツと、最終的に得られる可能性のあるリターンを、冷静に見極めることが必要である。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約800語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP