交渉上手になる4つの基本テクニック 

会社では教えてくれない仕事術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスの場ではもちろんのこと、家庭でも小遣いの金額決めなどで重要な役割を担う「交渉術」。身につけておいて損はありません!「駆け引きは苦手なんだけど…」という方も大丈夫。すぐ使える基本テクニックを紹介した記事をまとめてみました!

Ab852a0ed2ed73235e740679cea79173

>>テクニック1:強い「BATNA」を持ち、「RV」を意識
交渉の成否は交渉前に決まっていると言っても過言はありません。合意できなかったときの最善策(BATNA)と交渉を撤退する基準(RV)を決めておけば、自信を持って交渉に挑めます。

>>テクニック2:相手の関心ごとを増やす
交渉相手は自分と考え方が違う、という前提を意識して、相手の関心がありそうな提案をいくつか用意しておくことも重要です。

>>テクニック3:心理的な揺さぶり戦術を使う
心理的に相手を揺さぶると交渉を有利に進められます。記事では「ドア・イン・ザ・フェイス戦術」など代表的な4つの方法をご紹介していますが、使い過ぎると相手との関係性が悪くなるのでご用心を。

>>テクニック4:相手より多くの情報を持つ
交渉は情報戦、より多くの情報を持つ方が有利です。ただ、テクニック3と同様に、長期的な信頼関係を築くためには使い方に細心の注意を払う必要があります。

交渉は「自分だけでは生みだせない価値を両者で創出できる場」でもあります。このことを意識していれば、ウィンウィンの交渉がきっとできるはず。ぜひ試してみてくださいね!

名言

PAGE
TOP