MBA経営辞書「コンティンジェンシー・プラン」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンティンジェンシー・プラン(contingencyplan)

起こりうる不測の事態、特に最悪の事態を想定して立てる計画、対処法。

考慮すべき事態としては、極端な経済要因の変動や法的要因の変化、技術変化、国際紛争、新しい競合企業の登場、極度の売り上げ不振などがある。いずれも、その状況に陥ってから対応し始めるのでは既に遅く、日頃の情報収集・分析能力の充実が望まれる。また、天災など全く予測不可能なものにしても、いざという時に効果的に対処できるよう、企業内に危機管理の意識・仕組みを内在化させる必要がある。

これを策定する行為・過程をコンティンジェンシー・プランニングといい、近年の経営環境の複雑化を反映して、その策定能力の重要性は増加している。

名言

PAGE
TOP