MBA経営辞書「ロールモデル」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロールモデル(rolemodel)

具体的な行動技術や行動事例を模倣・学習する対象となる人材。

多くの人々は無意識のうちにロールモデルを選び、その影響を受けている。「○○さんのようになりたい」という憧れは誰しもが持った経験があるだろう。

リーダーシップ開発では、より意識的にロールモデルを選び、分析したうえで学ぶことが求められる。ロールモデルを漠然と観察するのではなく、リーダーシップに関する何らかのフレームワークやチェックリストに基づきながら観察・考察すると、学び取るポイントもより明確になる。

以下に、ロールモデルを活用する際のステップを示す。

ステップ(1)ロールモデルを選定する。
自分の観察できる範囲で印象的な人、自分よりも高いレベルのリーダーシップを発揮している人、学びとりたい行動ができている人を選定する。

ステップ(2)ロールモデルの行動特性を表現する。
リーダーシップのモデルに基づいて、そのロールモデルの特徴を表現する。

ステップ(3)ロールモデルから観察した行動技術を実践し強化する。
ロールモデル人材の行動をまねて実践することで、徐々にその行動の根拠なども理解し、行動パターンを身に付けていく。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP