創業100年企業が26,000社!日本は長寿企業大国 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bbiq takubo

創業300年の長寿企業の話に入る前に、考えてみてください。創業100年の企業は、日本に何社くらいあるでしょうか。

答えは、約26,000です。創業200年を迎えている企業が1,200社、そして創業300年を超える企業が600社程度です。さらに、創業400年を超える企業が190社、創業500年を超える企業が40社あります。実は日本は、世界では考えられないくらいの長寿企業大国です。世界全体で見ると、創業200年を超えた会社の40~45%が、日本に存在しているのです。

書店へ行くと、創業100年の企業に関する本がちらほら出ていることに気付きます。創業100年の企業であれば、おじいちゃまが創業し、現在はそのお孫さん、ひ孫さんが経営しているといったところでしょうか。現在の経営者は、多くの場合、創業者の想いを直接聞くことができたと思います。これは理念継承という点で、大変大きな意味があります。

では、創業者と今の経営者が絶対に会って話をしたことがないような企業は、どのようにして成り立っているのでしょうか。その秘密を探ることで、今経営をしている方に何らかの示唆を提供したいとの思いもあり、グロービス経営大学院名古屋校の生徒と共に「創業300年」を目安に長寿企業の調査を開始しました。

その際、売り上げが50億円くらいはあった方が、企業経営として考察しやすいと考えて、そうした条件を備える会社を選びました。その結果、69社が該当しました。そのうちには、全国的に有名な会社も多く見られます。鰹節のにんべんやデパートの松坂屋月桂冠ヤマサ醤油東急百貨店三越(現三越伊勢丹)などです。

世界で最も古い企業と言われる金剛組という建設会社も、それらの1つです。創立は西暦578年、なんと、今から1400年以上前に作られた会社です。また、とある長寿企業にインタビューに行った時には、こんな会話から始まりました。

「田久保さん、うちの会社はね、大坂夏の陣(1614年)の翌年にできたんだよ」

このような古い歴史を持っている会社が、日本にはたくさんあります。続いているからには、何がしかの理由があるはずです。現在ではたくさんの会社が起こされていますが、一方でまた、たくさんの会社が無くなっています。こんな時代だからこそ、長く続いている会社から学ぶべきことは多くあるのではないでしょうか。そのように考えながら調査を進めていくと、様々なことがわかってきました。


まず、長寿企業と聞くと、「それってファミリービジネスなんでしょう?」と思われる方が非常に多いのですが、実際には、そういうイメージとは違い、株式を上場している企業や、創業者一族が経営から完全に手を引いている企業もたくさん見られます。

現在皆さんがお勤めの会社も、もしかすれば300年以上続くことになるかもしれません。このシリーズを、そのヒントにしていただければと思います。

(本記事は、FM FUKUOKAのラジオ番組「BBIQモーニングビジネススクール」で放送された内容をGLOBIS知見録用に再構成したものです)
音声ファイルはこちら >>

【関連情報】
もっとビジネススキルを上げたい方へ!ゲスト講演や30以上のセミナーをご紹介>>

名言

PAGE
TOP