【経営キーワードクイズ】 ニッチ商品の販売額の合計が、ヒット商品のそれを上回るようになる現象とは? 

正解はどれだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題です!

ネットの登場で、売上を構成する商品の構成が大きく変わったといわれています。主にインターネットを介した通信販売において、ニッチ商品の販売額の合計が、ヒット商品の販売額の合計を上回るようになる現象を何と言う???

 

1. スプレッド
2. ニッチスピン現象
3. 駄菓子屋現象
4. ロングテール現象

19348310ff28d8badc458f5d6efc5781 e1422005048972

解答です!

正解は、「4. ロングテール現象」でした。

「ロングテール」という名前の由来は、販売ランキング順に販売額の曲線を描くと、売れ筋が高い首(ヘッド)で、ニッチ商品が長い尾(テール)のようになっているところからつけられたそうです。

名前の由来を知ると、何のことを指しているのかより覚えやすいかも知れませんね!

詳しい解説はこちら
MBA経営辞書「ロングテール現象」

※本クイズはBPnetから転載し、GLOBIS知見録読者の方向けに再掲載したものです。

名言

PAGE
TOP