ダボス会議2014年~5)グロービス・ナイト開催! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩はお風呂に入った後に、ベッドに横になりそのまま寝てしまったようだ。よほど疲れていたのだろう。朝5時に起きて、先ずはiPadの充電を行う。これが無いと、ツイッターでのダボス報告ができないからだ。ネットを視ると、やはり安倍総理のダボスでのスピーチへの反響が凄い。僕もまだ興奮冷めやらぬ状態、だ。

パソコン・iPadを開き、一通りルーチン業務を行う。メール返信、ツイッターでの呟き、フェイスブックのコメントチェック、NewsPicksやSmartNewsでのニュースチェックを終え、本日のスケジュールを確認する。今、現地時間の朝6時半。あと30分でホテルを出なければならない。ブログを書きたいけど、時間が無さそう。

本日の予定は、朝7時半からNikkei主催の朝食会。10時から僕が所属する「リーダーシップの新モデル」の少人数会合。ランチのセッションに参加し、15時から僕が所属するもう一つのプロジェクトの私的会合に参加して、本日の目玉であるジャパン・ナイト、グロービス・ナイトへと突入する。頑張るぞー!

Nikkei主催の朝食会。グロービス経営大学院の卒業生、講師と僕とで写真をパチリ。グロービスの関係者がこれだけダボス会議に集結しているのは、とても嬉しいことだ。僕の髪の毛の寝癖が直らないのが、気になる。

ダボス会議では、僕が知る限り、どこからも靖国神社の話題が出ない。基本的に誰も気にしていないのだ。クラウス・シュワブ氏の質問も、安倍総理にとっては好都合で、誤解を解く説明の機会を与えてくれた様なものだ。靖国参拝に関しては、中韓(そして彼らの影響力が及ぶ人々)以外は誰も気にしていない感じだ。

ダボス会議では寧ろ、原発再稼働の話題がよく出る。安倍総理との昼食会でも、「早く再稼働をするべきだ」という意見が、海外のリーダーから出た。安倍総理は、都知事選に言及しながらも、「時期が来ればやるべきことをしっかりとやる」とお答えになっていた。

名前の紹介が全く必要無い凄いメンバーのパネル。テーマは、「資本主義の未来」。このパネルの企画は、ウクライナ人のヴィクター・ピンチュック氏が作った財団だ。冒頭にウクライナの平和を祈念して1分間の黙祷をした。

何とビル・ゲイツに交じって、ダボス会議でのトップツイッターの一人に僕が選ばれた。
https://pic.twitter.com/vBTtHsTLF0

おや、グロービス・ナイトに関する報道がオンエアされたみたいだ。どこのテレビ局だろうか?
http://fb.me/1EMc9S66r

午後の一瞬の時間を使ってダボス会議のコラムを2編執筆完了した。これで、4編まで終わった。メチャクチャ疲れていたが、安倍総理のスピーチに関してコラムを書いていたら元気が出てきた。日本人としての誇りを胸に、今晩のジャパン・ナイトとグロービス・ナイトを頑張りたい。さぁて、出かけるぞー!

ダボス会議開催中のど真ん中、1月23日に開催されたジャパン・ナイトのひとこま。経済同友会の長谷川閑史・代表幹事の音頭で乾杯!安倍首相のスピーチも現地で大好評。日本の存在感が際だっている。

ジャパン・ナイトの二次会の位置づけでグロービス・ナイトを開催した。会場にグロービスの旗を張り、のぼりを立て、僕がシャンペンの栓を抜いてカンパイだ。

ダボス会議におけるグロービス・ナイトのオープニング動画。盛り上がりが凄い!
http://fb.me/1HcsRljRj

グロービス・ナイトでは縁日のお面も用意した。これが大人気で、こんな風景が会場のあちらこちらで ^^

グロービス・ナイトの会場風景動画。400人もの参加者が集まり、大盛り上がりでした。(^^)
http://fb.me/2NiXQ4pB0

グロービス・ナイトで、新しいつながりが生まれている。竹中平蔵さんも最後まで残っていただいた。感謝。

親友であるBBCのNik Gowingも駆けつけてくれた。

笑顔に溢れた本当に楽しい会だった。ご来場いただいた皆さんに感謝。最後に素晴らしい場を作ってくれたグロービスのスタッフと一緒にイエイ!

こちらはグロービス・ナイトの写真集。
http://fb.me/3IL9QZCgF

ダボス会議二日目。ジャパン・ナイトとグロービス・ナイトを終えて、ホテルに戻った。今年のチーム・ジャパンは勢いがある。アベノミクスにより経済が好調だし、安倍総理のリーダーシップが明確だからであろう。ダボスに総理と5大臣、日銀総裁、さらに、同友会代表幹事と経団連次期会長など、政財界勢揃いだ。

欧米亜の日本に対する見方が変わった気がする。

2014年1月24日
ダボスのホテルにて執筆
堀義人

名言

PAGE
TOP