• 人々に必要だと思ってもらえるようなものに、今のジャーナリズムがなっているか否かだ。/瀬尾 傑

    瀬尾 傑
    株式会社講談社 「現代ビジネス」編集長

    人々に必要だと思ってもらえるようなものに、今のジャーナリズムがなっているか否かだ。/瀬尾 傑

編集部から一言

メディアとジャーナリズムは必ずしも一致しない。「マスゴミ」というような辛辣な批判の背景には、メディアとはジャーナリズムを実践する媒体であるという暗黙の期待がある。だが、現実は異なる。メディアが変革を余儀なくされる中、では、ジャーナリズムはどうすべきか。守るのか、変えるのか。岐路に立たされていることは間違いない。 ※ セッションレポートは、名言の下、「あすか会議 2014」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP