• ポジティブな議論をしたい/安武 弘晃

    安武 弘晃
    楽天株式会社取締役 常務執行役員

    ポジティブな議論をしたい/安武 弘晃

編集部から一言

ビッグデータ活用の議論に対する厳しい注文。海外ではビッグデータ活用によって便利な先進サービスが生み出されているのに、日本では「問題」あるいは「問題の可能性」を心配して議論が先に進まない。問題点を議論する前に、ビッグデータを活用することでどんな価値を生み出し、社会や生活をどう良くするのかという議論を真っ先にやるべきだという提言。 ※ セッションレポートは、名言の下、「G1経営者会議 2014」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP