• 産業戦略としてマイナンバーを考えるか否かだ/熊谷 俊人

    熊谷 俊人
    千葉市長

    産業戦略としてマイナンバーを考えるか否かだ/熊谷 俊人

編集部から一言

マイナンバー(社会保障・税番号制度)によって、行政は住民にどのような利益をもたらすことが“許される”のかと熊谷市長。プライバシーへの配慮という重要であるが故に融通が効かない難題、そして民間と行政にある厚くて高い壁が行く手を阻む。突き詰めれば、国民の意識や覚悟、国家観が問われる議論になると予言する。 ※ セッションレポートは、名言の下、「G1経営者会議 2014」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP