• どれほど大量のデータがあっても、人間が仮説を持たなければ結果は見出せない。/安武 弘晃

    安武 弘晃
    楽天株式会社取締役 常務執行役員

    どれほど大量のデータがあっても、人間が仮説を持たなければ結果は見出せない。/安武 弘晃

編集部から一言

楽天における購買データの分析によって、政府が発表する消費者動態指数とほぼ同じ数値を、政府発表よりも早く弾き出せたという。さらに進んで、今起きていることのデータから日本の経済や未来がどうなるのかを予測することにもチャレンジしている。しかし、未来は過去のデータが決めるものではなく、人間の意思、こうしたい、こうありたいという願望の結果としてあるものだ。それは昔も今も変わらない。 ※ 安武氏登壇の「ビッグデータ狂想曲からリアルへの戦略(前編)」には、名言の下、「G1経営者会議 2014」からリンクしています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP