• 日本酒づくりの歴史は革新の繰り返し。それが積み重なって伝統になっている。/大倉 治彦

    大倉 治彦
    月桂冠株式会社 代表取締役社長

    日本酒づくりの歴史は革新の繰り返し。それが積み重なって伝統になっている。/大倉 治彦

編集部から一言

月桂冠は1637年、寛永14年の創業。380年近くにも及ぶ長い歴史を振り返り、14代目の大倉さんは、それに当てはめる言葉として「革新」と「伝統」の2つを選んだ。革新→伝統であり、伝統→革新の順ではないところが肝だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP