• 守破離の「離」は「守」となり、「破」となり、「離」が生まれ、再び「守」になる。そういうことを考えるのが企画会社の使命だ。/増田 宗昭

    増田 宗昭
    カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO

    守破離の「離」は「守」となり、「破」となり、「離」が生まれ、再び「守」になる。そういうことを考えるのが企画会社の使命だ。/増田 宗昭

編集部から一言

「カルチュア・コンビニエンス・クラブは企画会社である」と増田氏は定義する。本を数多く売りたいのではない、ライフスタイルを選ぶ場を創りたい。人が本を買う“理由”を突き詰めた先にTSUTAYAという答えがあった。増田氏にとっての「破」、そして「離」の真髄がこの発想にある。そんなTSUTAYAもいつしか定番となり、らせんの先の「守」に昇華する。新たな挑戦サイクルの先にあるのが「武雄市図書館」や「代官山蔦屋書店」だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP