• 室町時代の人でもこれを喜ぶだろうか

    篠田 真貴子
    東京糸井重里事務所 取締役CFO

    室町時代の人でもこれを喜ぶだろうか

編集部から一言

本当の価値とは何か。本当に欲しがられるものは何か。「至高の」とか「こだわりの」というものが本当に欲しいものなのか。「至高のパン」を毎日毎日食べたいか。糸井事務所で大事にしているのは、自分起点の普遍性。「30歳代の日本人女性が・・・」「こうすれば買うだろう」ではなく、「室まじ時代の人でも喜ぶだろうか」といった真逆の問いを重ねている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP