• 自分で行くしかない

    間下 直晃
    株式会社ブイキューブ 代表取締役社長CEO

    自分で行くしかない

編集部から一言

日本企業が海外市場に打って出るのは大変だ。言語、文化、思想の壁が立ちはだかる。最初の売り上げはそれほど大きくないので、日本市場で汗をかいた方が手っ取り早い。内にとどまろうとする慣性力が働くのは組織の性だ。だから、間下さんは自分自身が海外に飛び出した。そして、海外から日本本社に対して“わがまま”を言い、現地の視点で“強権“を発動した。グローバル化は経営トップの覚悟次第。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP