• 事業モデルをとるのか、ミッションをとるのか/村田 早耶香

    村田 早耶香
    特定非営利活動法人かものはしプロジェクト 共同代表

    事業モデルをとるのか、ミッションをとるのか/村田 早耶香

編集部から一言

カンボジアで買春宿に売られる子供たちを救いたい。その一心で立ち上げた「かものはしプロジェクト」。当初、都市部の孤児院における職業訓練事業が軌道に乗ったが、この事業で本当に売られる子どもたちを救えるのかという疑問が生じた。異国の地で曲がりなりにもうまく行き始めている「事業モデル」をとるのか、行動を起こした原点である「ミッション」に立ち戻るのか――。団体分裂の危機に直面しながらも、「ミッション」を選んだ。事業モデルは捨てることになったが、その結果として今がある。 ※ セッションレポートは、名言の下、「引用した記事」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP