• ‘early’ではなく‘quick’が大切/水野 弘道

    水野 弘道
    コラーキャピタル パートナー 兼 アジア統括責任者 年金積立金管理運用独立法人( GPIF) 運用委員会委員 同アドバイザー

    ‘early’ではなく‘quick’が大切/水野 弘道

編集部から一言

決断の「はやさ」には2種類ある。早い(early)と速い(quick)だ。投資の世界では必ずしも「early」が良いとは限らない。ぎりぎりまで長く待ち、最後の最後まで情報を集めて、確かな決断を下すのが正しいやり方。より大切なのは「quick」である。ここぞという時に迷いを捨てて前に進むことができるか。これができないリーダーが意外に多い。 ※ セッションレポートは、名言の下、「G1カレッジ 2014」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP