22年4月から個別周知義務化 男性育休のメリット~天野妙氏(みらい子育て全国ネットワーク代表/合同会社Respect each other代表)

世界で最も手厚いとも言われる日本の育休制度。ですが、制度があることや制度の内容を知らない人も多いのが現状です。「育休を取ると手取りが大幅に減る」「配偶者が専業主婦だと男性は育休をとれない」といった誤解もあります。こうした誤解を解き、制度を周知し、利用を促進させるために2021年6月に育児・介護休業法の改正が国会で成立しました。2022年4月から始まる新しい制度はどのように変わるのでしょうか?取得期間や助成金や、男性育休が今なぜ必要なのかといった社会的背景をみらい子育て全国ネットワーク代表の天野妙氏にお聞きしました。(肩書は2021年4月14日撮影当時のもの)

天野妙(みらい子育て全国ネットワーク代表/合同会社Respect each other代表)

※動画を視聴後、続きをご覧になりたい方は「グロービス学び放題」でご視聴ください。非会員の方でも本編の一部が視聴可能です。

<グロービス学び放題コース内容>
1.男性育休の現状
2.企業のメリット
3.男性育休取得者のメリット
4.法制度はどう変わる?
5.日本社会のメリット
6.男性育休を促進する企業事例
7.社会課題解決のための男性育休

RELATED CONTENTS