「努力する人は夢中な人に勝てない」 生産者と共に歩む一次産業サービスの魅力~秋元里奈氏(ビビッドガーデン代表取締役社長)

こだわりの生産者から食材が届く産直通販サイト「食べチョク」。ITを入れるのが難しいとされていた一次産業の業界で、生産者に寄り添い、成長し続けるサービスを立ち上げたビビッドガーデン秋元里奈氏に、起業のきっかけ、サービスの成功要因を聞きました。また、これまでに様々な困難を乗り越えてきた経験から、ビジネスパーソンにも必要な「苦手を克服するコツ」、モチベーションをコントロールする「夢中力」についてもお話いただきます。(肩書きは2021年4月13日撮影当時のもの)

※動画を視聴後、続きをご覧になりたい方は「グロービス学び放題」でご視聴ください。非会員の方でも本編の一部が視聴可能です。

<グロービス学び放題コース内容>
1.イントロダクション
2.「食べチョク」サービスの内容
3. 起業の経緯
4.商品の価格は生産者が決める
5.事業立ち上げにおいて最も苦労したことは?
6.苦手なことを克服するコツ
7.「夢中力」とは?
8.今後やりたいこと、目標は?
9.ビジネスパーソンに向けてメッセージをお願いします

<プロフィール>
神奈川県相模原市の野菜農家に生まれる。 慶應義塾大学理工学部を卒業した後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリのマーケティング責任者に就任し合計4部署を経験。 2016年11月に農業分野の課題に直面し株式会社ビビッドガーデンを創業。2017年5月にこだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」を立ち上げる。リリース3年で認知度/利用率No.1の産直通販サイトに成長。2019年9月と2020年4月にフジテレビ系列「セブンルール」に出演。2020年4月にアジアを代表する30歳未満の30人「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出。2020年9月よりTBSの報道番組「Nスタ」の水曜レギュラーコメンテーター。2021年5月にテレビ東京系列「カンブリア宮殿」に出演。初著書は『365日 #Tシャツ起業家』。オンオフ問わず365日24時間着ている「食べチョクTシャツ」がトレードマーク。

RELATED CONTENTS