ビジネスリーダーの成長を加速させる12月の学びガイド 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年も残すところあとわずか。学び残しはありませんか?グロービス経営大学院では、エステーのCMを手掛ける鹿毛康司氏にマーケティングとブランディングの本質をご講演いただいたり、論理思考を学べる実践的なセミナーを開催するなど、全国5拠点で学びの場を用意しています。ぜひお気軽にお越しください。

<東京>

■12/6(木)19時~:<学長セミナー>創造に挑み、変革を導く方法とは

総合商社の社員だった堀義人が、ハーバードへのMBA留学をきっかけに、ゼロからグロービスを立ち上げ、アジアNo.1のビジネススクールを目指すに至った過程について語ります。激変する昨今の環境下でビジネスリーダーに必要とされる資質やそのための能力開発についてもご紹介します。※同様のセミナーを12/15に名古屋校でも開催します

堀義人

<大阪>

■12/4(火)19時~:新時代に求められる能力とMBAとは?

AIをはじめとしたテクノロジーの進化等により、大学教育→仕事(終身雇用)→引退(年金生活)という3ステージ型の時代は終わり、マルチステージ型キャリアの時代に突入しました。そんななか、自身のキャリアをどう深めていけばよいのか、グロービス経営大学院副研究科長の村尾佳子がお話しします。また、こうした時代においてMBAが果たす役割は何なのか、考えていきます。後半は卒業生を交えたパネルディスカッションを予定しています。※理系の方向けに12/5に同様のセミナーを名古屋校でも開催します

<名古屋>

■12/12(水)19時~:実務で使える“論理思考力”を身につける

グロービスで最も多くの方が受講している「クリティカル・シンキング」。グロービス経営大学院 教員の大嶋が、問題解決力やコミュニケーション力の土台となる「考える力」を繰り返し議論することで鍛えていく人気クラスのエッセンスをお伝えします。

<仙台>

■12/22(土)14時~:人と組織を動かすリーダーシップとは?

「変化が激しく先行きが見通せない時代に、成果を生んでいる人の共通項は?」「イキイキと仕事に取り組み、周囲からの期待を超える活躍をしているミドルマネジャーとそうでないミドルマネジャーの違いは?」等々。『これからのマネジャーの教科書』の著者であり、グロービス経営大学院  研究科長の田久保善彦が、リーダーが身に付けるべき力について解説します。後半は、論理思考を鍛えるクリティカル・シンキングのミニセッションを体験いただきます。

<福岡>

■12/15(土) 10時半~:成長スピードを加速させるスキルとトレーニング方法

ビジネスリーダーにとっての基礎スキル「論理的に考える力」「数字で論理を支える力」「周囲に伝える力」の鍛え方と使いこなし方等について、グロービス経営大学院 研究科長の田久保善彦がご紹介します。後半は、論理思考を鍛えるクリティカル・シンキングのミニセッションを体験いただきます。※参加者には『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』を進呈します

<水戸>

■12/5(水)19時~:ヒットCM仕掛け人が語るマーケティング&ブランディングの本質

一見、その商品のイメージからはかけ離れたCMを次々と展開し、人々の心に残るエステーのCM。その仕掛け人である鹿毛氏の極意は「お客さんと徹底的に向き合うこと」なのだそうです。これまでの経験の中で培われ、実践してきた「アイデアの発想法」を切り口に、実践に使える顧客視点とマーケティング・ブランディングの本質を語っていただきます。

鹿毛さん

【参考】
■全国・オンラインで開催している「クリティカル・シンキング」体験クラス一覧

論理思考

関連記事

名言

PAGE
TOP