キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

国際女性デーとは? 女性のエンパワメントを考える記事・動画・書籍まとめ

投稿日:2023/03/08更新日:2023/04/11

目次


3月8日の「国際女性デー(International Women’s Day)」とは、世界において女性が達成してきた成果を称え、記念する日です。ニューヨークにおいて縫製業に従事する女性らが労働条件の改善を求めたデモがこの日に行われたことを起源としています。その後も3月8日は、女性の参政権獲得や第一次世界大戦への抗議・ストライキのきっかけになっていき、国際婦人年である1975年、国連により正式に記念日として制定されました。

今回はこの国際女性デーにちなみ、3つのテーマで「女性のエンパワメント」を考えるGLOBIS 知見録の記事や動画、おすすめの書籍をご紹介します。

  • 活躍する女性リーダーとその取り組みを知る
  • 女性リーダーをどう育成するかを考える
  • 実践的な施策や考え方に向き合う


活躍する女性リーダーとその取り組みを知るおすすめ動画・記事

世界を舞台に活躍する5人の女性たち~日本を飛び出して見えた世界とは?

https://www.youtube.com/embed/XvytlsVQMFk

まだ見ぬ世界を描き、ビジョンを共有し、新たな未来をつくり出す。いつの時代も、そんなリーダーたちが時代を拓いてきました。
アーティスト、コンサルタント、アクセラレータ、国際機関、外資系金融機関といった様々な領域で、世界を舞台に活躍する女性たちの目には、どのような未来が映っているのでしょうか。働き方改革に取り組んできた河野太郎氏をモデレータに、5名の話を聞きます。

【特集】船団丸・坪内知佳氏 登壇おすすめ動画

https://www.youtube.com/embed/4b2n-c3l8oY

日本テレビ系ドラマ『ファーストペンギン!』主人公のモデルにもなった、萩大島船団丸を率いる株式会社GHIBLI代表取締役の坪内知佳氏。「日経WOMAN」が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」キャリアクリエイト部門を受賞しています。
「アジとサバの違いも分からない」まま飛び込んだ“漁業”の世界で、大胆な発想で「稼げる漁業」を実現したその姿は、数多くのメディアでも取り上げられ、大きな話題となっています。既成概念を打ちこわして成果を勝ち取っていくための経営手法や志を語る上記動画のほか、グロービスでの同氏の登壇動画をご紹介します。

【特集】船団丸・坪内知佳氏 登壇おすすめ動画

イケア・ジャパンCEO兼CSO ヘレン・フォン・ライス氏インタビュー

イケアのジェンダー・インクルーシブ・イニシアチブを主導するイケア・ジャパンのCEO兼CSO(チーフ・サステナビリティ・オフィサー)のヘレン・フォン・ライス氏は、同社の管理職レベルを男女平等の5:5に引き上げることに成功し、日本社会に好影響を与えています。その功績により、ライス氏は「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017」を受賞。ライス氏にイケアがいかにロールモデルとして日本により良い影響を与え得るか、インタビューしました。

イケアが日本のジェンダー平等に向け新しいモデルを構築――イケア・ジャパンCEO兼CSO ヘレン・フォン・ライス氏インタビュー

女性リーダーをどう育成するかを考える動画・記事・書籍

明日から経済・政治分野で、女性が活躍するために~田代桂子×日色保×森まさこ×キャシー松井

https://www.youtube.com/embed/zlSWcFXWnI0

「女性活躍推進」が叫ばれて久しい中、特に政治や経済分野では未だ女性活躍が進んでいません。世界各国の男女平等の度合いを数値化した「ジェンダー・ギャップ指数2022」で、日本は146か国中116位、主要先進国の中で最下位という厳しい結果を突きつけられました。
世界的に高まるESG投資、人的資本経営、グローバル化の加速など、ダイバーシティを前提としたマネジメントが求められる今、日本企業で女性リーダーの育成をどのように加速していくのか。ベストプラクティスの共有や具体的な解決策を議論した、G12022経営者会議のセッションをお届けします。

なぜ中学の生徒会長には「女子」が少ないのか?〜藤原和博×漆紫穂子×越直美×小林りん×中室牧子


教育者からはよく「小学校では圧倒的に女子のほうがコミュニケーション能力も高く、リーダーシップがある」という声が聞かれます。しかし、なぜ社会に出た段階ではその通りにならないのでしょうか。
この問題提起から、教育改革実践家・藤原和博氏によるモデレートで日本の教育システム、特に中等教育における“女子教育”を議論したG1サミット2019のセッションの内容をお届けします。

なぜ中学の生徒会長には「女子」が少ないのか?「女性リーダーを増やすためにはどんな中等教育が必要なのか」を徹底議論する!〜藤原和博×漆紫穂子×越直美×小林りん×中室牧子

『女性の視点で見直す人材育成』――働き方改革って、誰のためのものですか?


スタッフ、リーダー、マネジャー、ワーキングマザーという「4つのトランジション」に注目して「女性の働く」を徹底的に科学した、人材開発を専門とする研究者による書籍。
ただし、「スーパーウーマン」とも呼べる個人の女性の成功体験に依拠するのではありません。ジェンダーを皮切りにしつつ、80点超の分析データ・図解でまとめたリサーチ結果をもとに、女性を含めて誰もが働きやすい「最高の職場」をつくるためのエッセンスを凝縮した一冊です。グロービス学び放題のコンテンツ開発研究員による、本書の書評はこちらから

女性の視点で見直す人材育成~だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる
著:中原淳、トーマツ イノベーション 発行日:2018/8/2 価格:2160円 発行元:ダイヤモンド社

女性リーダーを育てるには何が必要か?――育成プログラム開発者に聞く


働く女性には次世代リーダーとしての期待が集まっているのに対して、主役である「働く女性たち」の表情は必ずしも明るい希望に満ち溢れていないようにも見えます。
グロービスでは女性のみを参加者とし、リーダーシップ理論の知見の中から女性が得にくいとされる経験値・気付きを重点的に学ぶ法人向けコース「女性リーダー育成プログラム」を提供しています。このプログラムの開発に携わったグロービス ファカルティ本部長の君島朋子に、女性リーダー輩出には何が必要かを聞きました。

女性リーダーを育てるには何が必要か?――育成プログラム開発者に聞く

実践的な施策や考え方に向き合うおすすめ動画・記事

女性管理職〇%って意味あるの?「モチベーション理論」で考えよう/みんなの相談室Premium

https://player.vimeo.com/video/706771313?h=d052730e60

今回寄せられたのは、「女性の管理職を何%にする、などと企業が目標をたてていますが、形式だけ追うことになりませんか?」というお悩み。困難なことを達成するためには、どうすれば達成できるのか、成果が出たらどのような嬉しいことがあるのか、という人間の心理を考える「モチベーション理論」を用いて、グロービス経営大学院教員・林恭子が解説します。

連載『心理学の研究データに見るジェンダー』


男性のほうがリーダーに向いている、女性のほうが共感力が高い――これらは本当なのでしょうか?最近の研究によれば、男女の差はあまりなく、個人の差の方がよほど大きいという結果が出ています。もちろん、生物学的な男女の違いはあるものの、その違いは、私たちが思うよりは大きくはないのです。

本連載では、世界的にジェンダー平等が叫ばれ個々人が様々な印象、意見、想いを持つ中、自身のバイアスに気づき、受け入れ、よりよい方法を考えるために、ジェンダーの差に関してデータは何を語っているのかを紹介していきます。

※ジェンダーとは多様なものであり、男女の枠だけで語られるべきではありませんが、現在入手できるジェンダーの差に関する研究が主に男女にフォーカスしているものが多いため、以降男女の差に関する研究を紹介していきます。

※本連載では、心理学の研究結果から明らかになったジェンダーの捉え方を紹介しています。

連載コラム『女性史月間に寄せて』


3月8日の国際女性デーを基点に、3月は歴史上あるいは現代の社会に対して女性が行った貢献に焦点を当てる「女性史月間」と定められています。
進んではいる一方、まだ途上にある日本の男女平等。現在、女性が直面している課題は何で、それを克服するためにはどんなことが必要でしょうか。グロービス・マネジメント・スクールやグロービス経営大学院の女性講師4名に連載で話を聞きました。


  • 「自分らしく、仕事もプライベートも充実した人生を」と願う女性へ、多くの可能性とチャンスを提供するグロービスのMBAについてはこちら
  • 「女性リーダー育成プログラム」を提供するグロービス・コーポレート・エデュケーション(人材育成・組織改革)のウェブサイトはこちら

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。