ダイバーシティニュース 経済(8/24)藻谷浩介【9/30まで限定公開】

藻谷浩介(もたに・こうすけ):地域エコノミスト/日本総合研究所主席研究員
1964年山口県生まれ。1988年東京大学法学部卒業後、日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)に入行。1994年米コロンビア大学経営大学院卒業。2012年から日本総合研究所調査部主席研究員。日本政策投資銀行地域企画部特任顧問。

藻谷浩介さんのニュースピックアップ

1. 経済推進に舵を切るべき? コロナ新規感染者、世界一の日本

コロナ第7波で週間の新規感染者数が世界最多となった日本。ただし重症化率は昨年の2%から今年2月に0.2%、第7波では0.03%と著しく低下している。この数字からすると経済のアクセルを踏んでも大丈夫だとはっきり言うべきタイミングだ。感染者数が最多とはいえ、世界各国で国民の感染割合が50%を超えるなか、日本は12%程度と感染対策は決して失敗していない。様々な数字を客観的に評価したうえで行動してほしい。

2. ドル円相場、1ドル=137円近辺 円安にメリット見いだせず

円安については多様な意見があるが、要は日本が安く売り叩かれているだけで現状ではメリットゼロだ。海外への輸出額は2021年に82兆円と史上最高を記録したが、その7割以上は仮に円高環境下であっても売れるB to B市場の高級機械や部品が占める。半面、給与はドル換算で2割安くなるし、石油や食料などの輸入品は高騰している。唯一、外国人観光客の増加が見込まれる点はあるが、現在のところ団体しか入国を認めておらず、これもメリットとは言えないだろう。

3. 日本の平均年収、韓国に抜かれる 継続的な賃上げの重要性

日本の平均年収が韓国に抜かれた。韓国は前政権による無理な賃上げの結果、中小企業の倒産など痛みを伴ったがGDP(国内総生産)は着実に増えた。一方の日本は賃上げせずに合理化で経済成長を装ってきた。30年前から毎年1%賃上げしてきたシンガポールと日本を比較すると、1人当たりのGDPに2~3倍もの差が生じている。今後、中国が韓国と同様の手法で賃上げを進めたらどうなるか。日本はアジアの一小国に転落してしまうだろう。

4. 経済成長を阻む要因に? 平均貯蓄額が史上最高の1,880万円

2021年の1世帯当たりの平均貯蓄額が1,880万円となり史上最高に。賃金は上がらないのに貯蓄額は増えるという矛盾が生じている。日本で景気を悪くしているのはお金を持っているのに使わない人、いわば「安心カルト」の存在だ。アメリカ人は死ぬまでにお金を使おうとするから景気が良くなるが、日本人は貯め込んで亡くなる。貯めることが目標になり使わないことが問題なのだ。消費しない日本に成長はないだろう。

5. アベノミクスを検証する 金融緩和の長期化と円安の弊害

アベノミクスを検証したい。まずGDPは円ベースで25年前とほぼ同じだが、ドル換算では2割減ったので経済政策として失敗といえる。株式時価総額は700兆円を超え、バブル期を上回っている。株高に伴い税収は史上最高となったが、国の支出も多く財政赤字が解消しない。安倍政権は後半で誤った。日銀に株と国債を買わせたが、これは世界の中央銀行がやらないこと。莫大な量の債券を抱えた日銀は低金利継続のために金融緩和を続け円安が進行した。政権前半のどこかのタイミングで緩和策を止めておけばよかった。

【スペシャルトーク】東京一極集中の今

スペシャルトークでは、コメンテーターの藻谷浩介さんに、「東京一極集中」についてお話を掘り下げていただいた。

日本は東京に「一極集中」しているというが、具体的にはどのくらい集中しているのだろうか。

この5年間で東京の人口は21万人増えているが、うち19万人は70歳以上だ。そして、東京の結婚率は世界有数の高さの一方で、出生率は低く、東京の若者は急速に減少している。これは言い換えれば、東京「お年寄り」一極集中である。

いま、あえて東京に集まる意味も考え直す必要がある。たとえば、東京に住んでいれば情報が入ってきやすい、という意見があるかもしれない。だが、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)が本社を構える都市や、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が住んでいるオマハなどは、都会というよりも、のどかな街だ。情報は、東京にいるからといって手に入りやすいわけではない。ないところにいるから自分で集めるものだという考え方もある。

今年の夏の甲子園のベスト4は、宮城、滋賀、山口、福島と、三大都市圏を抱える都道府県の学校は入らなかった。このことは、人が集まる場所に限らずどこにでも才能を持つ人はいて、人口が多すぎると、かえって一人ひとりのチャンスは少なくなるということを示しているいるのではないか。もしかすると、東京にいて「その他大勢」に紛れることによって、生活においても仕事においても、あなたのチャンスは消えてしまっているのかもしれない。

もし東京の人口密度の高さに堪えられないと思ったら、自分に合う場所に移住することも考えてはどうか。子育ての間だけ田舎にいるなど、地方と都市を行ったり来たりするという選択肢もある。

ダイバーシティニュース視聴方法

1.LuckyFM茨城放送のラジオ FM88.1/94.6MHz
2. YouTubeライブ配信(アーカイブでも視聴可能です)https://www.youtube.com/channel/UCOyTwjQoiUJXxJ8IjKNORmA
3. radikoでも聴取可能です

最新情報は、Twitterでご確認ください。

※当コンテンツは作成時点までの信頼できると思われる情報に基づき作成しており、正確性、相当性、完成性などのほか、当情報で被ったとされる利用者の不利益に対しグロービス知見録編集部は責任を負いません。

GLOBIS 学び放題では、過去のダイバーシティニュースを動画でご覧いただけます。

RELATED CONTENTS

RELATED CONTENTS