ダイバーシティニュース エンタメ(4/21)古谷経衡【5/31までの限定公開】

古谷経衡(ふるや・つねひら):作家/評論家/コメンテーター

作家・評論家として活躍する一方、テレビ・ラジオなどでコメンテーターも務める。オタク文化にも精通。主な著書に『愛国商売』(小学館)、『日本型リア充の研究』(自由国民社)等多数。札幌市生まれ、立命館大学文学部卒。Twitter 公式サイト

古谷経衡さんのニュースピックアップ

1.「チャイコフスキー国際コンクール」 世界連盟が除名

国際音楽コンクール世界連盟が、世界3大音楽コンクールの一つで、4年に1度モスクワで開催される『チャイコフスキー国際コンクール』を除名した。ロシア政府が資金提供するコンクールを支援できないとし、ロシアのウクライナ侵攻を非難した。エンタメ、文化芸術の領域において、ロシアへの制裁がさらに強まっていると感じたニュースだ。一方で、個々のアーティストを排除することへの反対意見もある。

2.NHK『真剣10代しゃべり場』 16年ぶり一夜限りの復活

2006年に終了した、NHKの討論番組『真剣10代しゃべり場』が、16年ぶりに一夜限りの復活をすることが明らかになった。企画担当者は「コロナ禍でさまざまな声を伝えることが難しくなった時代だからこそ、若者が本音をぶつけ合う番組があっても良いんじゃないか」と説明。5月6日に総合で午後10時45分から放送される。この番組の面白さは、思春期の真ん中にいる若者が台本なしで、ありのままを隠さず自由に話すこと。若者特有の「危うさ」がエンタメとしての面白さにつながっていたように思う。

3.日本にもUFOの街が! 目撃相次ぐ山に「UFOふれあい館」

福島市飯野町にある千貫森(せんがんもり)には、米中央情報局(CIA)の機密文書まで展示されている「UFOふれあい館」という場所がある。収蔵資料は約4000点に上り、館内にはミステリーに満ちた展示が並ぶ。UFOの謎を追究する同館ではあるが、入浴施設や遊具などもある。ファミリーで楽しめる場所としてもおすすめ。興味がある方は、GWに足を延ばしてみては?

4.被爆から77年、原爆ドームそばの壁一面に「般若心経」

被爆から77年、広島市の原爆ドームそばにある壁一面を、「般若心経」で埋めるアート作品が登場した。描いたのは、漫画家・こうの史代さん。映画『この世界の片隅に』の原作者で知られている。制作に込めたのは、薄れゆく「慰霊」の念を残したいとの思い。『この世界の片隅に』は本当に素晴らしい映画。個人的には、300年に1度の傑作だと思っている。まだ見ていない方は、ぜひご覧になっていただきたい。

5.本能寺の変、金沢市所蔵の書物に常識を覆す記述が!

明智光秀が織田信長を討った本能寺の変について、金沢市立玉川図書館近世史料館が所蔵する『乙夜之書物(いつやのかきもの) 』という書物から、これまでの常識を覆す記述が見つかった。本能寺の変に関しては不明な点も多く、これまでも新情報が複数出てきている。有名な「敵は本能寺にあり」の言葉に関しても、光秀が発した言葉ではなかったとも言われている。いろいろな書物から、自分なりの事実を探ってみるのも面白いと思う。

【スペシャルトーク】漫画家・藤子不二雄Aさん

スペシャルトークでは、「漫画家・藤子不二雄Aさん」についてお話を頂いた。

日本を代表する漫画家・藤子不二雄Aさんが88歳で亡くなった。本名、安孫子素雄さんは、富山県の出身。『忍者ハットリくん』『怪物くん』『プロゴルファー猿』などの数々の人気作品を生み出した。今回は、私が特に好きな3つの作品について、深く話をしたいと思う。

『少年時代』

柏原兵三の青春小説『長い道』に感銘を受けた藤子不二雄Aさんが、自身の疎開体験なども加えて漫画化した作品。戦時中、東京から疎開してきた主人公・進一とガキ大将タケシとの友情や葛藤を描いた長編ドラマ。貧しい家の子どもをいじめて、差別して、暴力で制裁して…といった内容が生々しく書かれている。大人の戦争とは別の世界で「子どもの戦争」が描写されており、個人的には一番好きな作品。

『まんが道』

藤子不二雄Aさん、藤子・F・不二雄さんをモデルにした自伝的作品。連載期間43年に渡った長編漫画。漫画が大好きな二人の少年が出会い、漫画家の夢に向かって成長していく姿が描かれている。戦後漫画史の貴重な記録とも言われている。長いので読破するには時間がかかるが、当時の漫画カルチャー、漫画家の生き様などがリアルに分かる内容だ。

『笑ゥせぇるすまん』

ブラックユーモア漫画作品で、1989年~92年にかけてテレビアニメ化された。私が面白いと思う点は、放送された時代がバブル~バブル崩壊のタイミングで、その時代の移り変わりをアニメの中に反映している作品。たとえば、前半では「ゴルフ会員権」「土地価格の高騰」などが取り上げられ、後半では「リストラ」などの話が展開されている。時代の空気が色濃く反映された貴重な作品だ。

ダイバーシティニュース視聴方法

1.LuckyFM茨城放送のラジオ FM88.1/94.6MHz
2.YouTubeライブ配信(アーカイブでも視聴可能です)https://www.youtube.com/channel/UCOyTwjQoiUJXxJ8IjKNORmA
3. radikoでも聴取可能です

最新情報は、Twitterでご確認ください。

※当コンテンツは作成時点までの信頼できると思われる情報に基づき作成しており、正確性、相当性、完成性などのほか、当情報で被ったとされる利用者の不利益に対しグロービス知見録編集部は責任を負いません。

GLOBIS 学び放題では、過去のダイバーシティニュースを動画でご覧いただけます。

RELATED CONTENTS