ダイバーシティニュース テクノロジー(12/24)清水亮【1/31までの限定公開】

清水亮(しみず・りょう):ギリア株式会社 取締役会長

深層学習を中心とした人工知能分野の研究開発を専門とし、自らプログラミングも行う。2005年には情報処理推進機構(IPA)より「天才プログラマー/スーパークリエイター」として認定。2017年に「ヒトとAIの共生環境を目指す企業」ギリア株式会社を設立する。代表的な著書は『よくわかる人工知能』(KADOKAWA)、『教養としてのプログラミング講座』(中央公論新社)他

清水亮さんのニュースピックアップ

1.新しい自然言語処理技術「RETRO」でAIがさらに進化

グーグル系AI企業「ディープマインド」が新しい自然言語処理技術「RETRO」を発表。従来の1/25のサイズで自然言語の推論が可能になる。自然言語というのは人間が話す言語のようなもので、コンピューターにとって扱いにくい言語だった。さらに処理のためには非常に大きなサーバーが必要とされていたが小型化することで、様々なデバイスへの搭載が可能になる。日常生活でも触れることが増えるだろう。

2.「バーチャルマーケット2021」を振り返って

バーチャル・リアリティ・イベント「バーチャルマーケット2021」が開催され、リアルな渋谷と秋葉原の街が仮想空間内に再現された。実際の渋谷駅前や秋葉原をモデルとしたワールド「パラリアル渋谷」や「パラリアル秋葉原」では、街なかにゲームのポスターが貼ってあったり、アバターが展示されたりした。またBEAMSや大丸松坂屋などゲーム以外の企業も出展し「メタバース・シティ」を盛り上げた。

3.サンリオの情熱!バーチャルイベントを仕掛ける

サンリオによるVR音楽フェス「SANRIO Virtual Fes in Sanrio Puroland」が開催。空間づくりにおけるクオリティの高さや有名クリエイターを集めた制作体制等で大きな話題を呼んだ。VR Chatで参加したが、会場に入ろうとすると本物のサンリオピューロランドは閉鎖されており、横にあるエレベーターからサンリオのアバターで地下に入っていく演出。こだわりが随所に感じられるイベントだった。

4.画像処理に革新を起こす新センサーをキヤノンが開発

キヤノンが鮮明な画像処理を可能にするセンサー(SPADイメージセンサー)の量産を目指している。SPADセンサーはキヤノンが世界で初めて開発した技術。従来のCMOSセンサーが光の量を捉えていたのに対して、SPADセンサーは光(光子)の数を具体的に把握する。それにより1秒間に2万4,000コマの撮影も可能になる。爆発的な進歩と言えるだろう。

5.美意識を持った人工知能とアーティスト。その関係性とは

人工知能が持つ美意識や創作の可能性を追求する人工知能美学芸術研究会が、長野県で大規模展覧会「人工知能美学芸術展:美意識のハードプロブレム」を開催した。今まで芸術は人間が見るもの・評価するものという前提があった。しかし人工知能技術が発達した今、AI自身が美しさや面白さを感じられるようになってきている。作品に対してAIがどう感じるかを意識することは創作における新しいポイントになるだろう。

【スペシャルトーク】タイムマシンは作れるか?

スペシャルトークでは、「タイムマシンは作れるか?」についてお話を頂いた。

「タイムマシンは作れるか」という問いに対して、最近の物理関連のニュースを聞いていると作れそうな気がしている、というのが私の答えだ。

前提として今までタイムマシンは絶対に不可能と言われていた。その理由は物理の理論上、虚数は存在し得ないから、というもの。しかし最近、時間を逆行させることの可能性を広げる“虚数”についての実験結果が発表された。実験内容は“虚数”を使った数式と“実数”を使った数式の正当性を比べるというもの。証明されたのは実数を使った数式は必ず失敗するという事実だった。これで虚数の存在を否定していた物理学者は「虚数は目に見えないだけで現実世界に存在する」と認めざるを得なくなった。虚数が本当にあったとしたら虚数時間すなわち虚軸という新たな時間軸ができることになり、タイムリープへの障壁は大きく下がると言われている。さらにいえば、量子コンピューターの実験をしていた際、ある特定の条件が揃ったとき、時間が逆行する現象も2019年に観測されている。

荒唐無稽な話をしているように聞こえるかもしれない。だが、今では当たり前にある電波というものを考えてみてほしい。電波がない時代に電波のことを伝えたとき、理解してもらうことは可能だろうか。何を夢のような話をしているのかと思われることだろう。新しい技術とはそういうものだ。物理学の常識が根底から覆ろうとしている今、科学者や工学者の中に、タイムマシンの可能性を考えている人間が増えるのは、非常に夢のあることだ。自分自身が過去にいけるのか、それとも過去に何かしらのメッセージを送るという形なのか、まだまだわからないが興味は尽きない。

ダイバーシティニュース視聴方法

1.LuckyFM茨城放送のラジオ FM88.1/94.6MHz

2.YouTubeライブ配信(アーカイブでも視聴可能です)https://www.youtube.com/channel/UCOyTwjQoiUJXxJ8IjKNORmA

3. radikoでも聴取可能です

最新情報は、Twitterでご確認ください。

※当コンテンツは作成時点までの信頼できると思われる情報に基づき作成しており、正確性、相当性、完成性などのほか、当情報で被ったとされる利用者の不利益に対しグロービス知見録編集部は責任を負いません。

GLOBIS 学び放題では、過去のダイバーシティニュースを動画でご覧いただけます。

RELATED CONTENTS