ダイバーシティニュース 経済(11/24) 瀬尾傑 【12/31までの限定公開】

瀬尾傑(せお・まさる):スマートニュースメディア研究所 所長

1965年、兵庫県生まれ。同志社大学卒業。日経マグロウヒル社(現日経BP社)に入社。経営企画室、日経ビジネス記者などを経て、講談社に転職。19年2月、調査報道支援のための子会社、スローニュースを設立し、代表に就任。新しい時代のジャーナリズムの育成と支援に取り組んでいる。Twitter

瀬尾傑さんのニュースピックアップ

1.NPOの盛り上がりには、国民の考え方が不可欠

ソーシャル・パブリック分野でのリーダーを表彰する、G1経営者会議のKIBOWソーシャルアワードを、NPO法人カタリバの今村久美代表理事が受賞した。学校に行けない子どもを支える、NPOの元祖とも言えるカタリバが受賞したことは嬉しいこと。一方で、この20年でNPOの盛り上がりが沈下してしまったことは残念。日本での寄付文化が根付かないこと、貧困層救済に対する考えが二極化してしまっていることが原因。ベンチャー企業ではなく、NPOでしかできないことは多々ある。

2.ベラルーシの難民問題は、EUにとって頭が痛い課題に

ベラルーシはイラクから難民を自国へ連れてきて、ポーランドへ送り込もうとしている。これは、ルカシェンコ大統領の独裁的な行動によって経済制裁されたことに対する嫌がらせ。ポーランドはコロナ禍で経済が厳しい状況であるため、簡単には受け入れられない。国の隔壁のために難民が使われてしまっており、人権が一番重視される価値観であるEUにとっては頭が痛い問題。

3.『スノウ・クラッシュ』等のSFを読むことが、産業発展の鍵?

「メタバース」構想にインスパイアを与えたというSF小説『スノウ・クラッシュ』が復刊した。1992年に発表された作品だが、現代に大きな影響を与えている。またSFは科学や新しい産業のきっかけになり得るもの。マイクロソフトの元社長・成毛眞氏もSFは大切と言っていたように、SFを読んでみることも大切。

4.「修理する権利」の普及で、アップルの独占的な体系が変わるか

今までアップルストアでしか修理できなかったiPhoneを、様々な場所で修理できるようにするなど、「修理する権利」にまつわる規制案をバイデン政権が進めている。アップル系列の店でしか修理できないように独占的にすることは、値段が高止まりし、消費者が損をする可能性もある。また、アメリカで大きなプラットフォーム企業に対して、厳しい目を向ける動きがあることも影響している。日本でも同じことが起きる可能性がある。

5.脱炭素が新しい産業が誕生するチャンスに

民間の臨時調査会「モデルチェンジ日本」は、岸田政権の中で構造改革が起きるかどうかを不安視している。今回提言したのは脱炭素について。日本において脱炭素は経済成長が止まってしまうことと思われているが、実はチャンス。EUではクリーンエネルギーが誕生し、そこに新しい産業ができると考えられている。EV車が世界の潮流になっているのが良い例。世界に置いていかれないように、「モデルチェンジ日本」は政府の体制を整えることを提言した。

【スペシャルトーク】メディアのDXとは?

スペシャルトークでは、朝日新聞デジタル編集長兼インターネットメディア協会理事である伊藤大地さんに、メディアのDXをテーマにお話をいただいた。

昨年からスタートした「インターネット・メディアデイズ」は、インターネットメディア業界の先端の知見を持ち寄り、シェアをして議論を深めるというイベント。新進のメディアが理想論から現実論まで幅広い語り合い、それを無料で公開している。今回は報道NPOである「べリングキャット」も登場する。

BuzzFeed Japanというオンラインメディアから朝日新聞へ転職をして感じたのは、古い企業は伝統もあって邪魔に思われるが、積み重ね自体は財産であること。デジタル化によって変えなきゃいけないこと、変えちゃいけないことを選り分けなければならない難しさはある。「10を聞いて1を書け」が新聞の美学だったが、デジタルは「10を聞いたら10書け」。その意識の改革はもちろん、実際にデジタル記事でそれを示して読者に喜んでもらうことで、紙の姿も変わってくる。

そもそも朝日新聞に転職した理由は、規模感。小さい組織でデジタルニュース専業でやっていくことは可能である。ただ、豊かなジャーナリズムを支える報道網を維持するためには、デジタル化が大きなポイントになると思い、大きなメディアに転職をした。大きな組織が変わるためのポイントは、社内の矛盾を取り除くこと。泥臭い話し合いや説得も必要になる。

インターネットが台頭してきたことで、ビジネスの基盤自体が揺らいでしまっている。その課題を解決するために、様々な業種の人、競合他社の人と話をしながら前に進まなければならない。

伊藤大地さんご経歴:1978年、神奈川県生まれ。2001年に株式会社インプレスに入社。その後フリー編集者を経て、2013年に創刊したザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン参画。2015年にBuzzFeed Japanに入社し、2021年4月より朝日新聞デジタル編集長へ就任。

ダイバーシティニュース視聴方法

1.LuckyFM茨城放送のラジオ FM88.1/94.6MHz
2. YouTubeライブ配信(アーカイブでも視聴可能です)https://www.youtube.com/channel/UCOyTwjQoiUJXxJ8IjKNORmA
3. radikoでも聴取可能です

最新情報は、Twitterでご確認ください。

※当コンテンツは作成時点までの信頼できると思われる情報に基づき作成しており、正確性、相当性、完成性などのほか、当情報で被ったとされる利用者の不利益に対しグロービス知見録編集部は責任を負いません。

 

GLOBIS 学び放題では、過去のダイバーシティニュースを動画でご覧いただけます。

RELATED CONTENTS