iPSから角膜細胞、他人からの移植に代わる可能性も?

2016年3月10日に堀義人がピックアップしたニュースです。

iPSから角膜細胞 2年以内に患者移植めざす(朝日新聞デジタル)

[堀コメント]お、これで円錐角膜を、iPS細胞の移植で治せる可能性が出てきた。これでアイバンクは不要になるのだろうか?西田教授の努力は、素晴らしいですね。山中さんの基礎研究段階が応用へと広がりつつある。高橋政代さん、澤さんなど広がりを見せている。政府はiPS新法を作った。あとは企業だ。

 

バスケットBリーグ、ソフトバンクと大型契約 – スポーツ(日刊スポーツ)

[堀コメント]孫さんのこういう太っ腹なところが魅力的です。一方の川淵会長。1時間ほど面談しましたが、能力の高さに衝撃を受けました。本当に凄い方だと思いました。4月28日のG1ベンチャーにご登壇頂くことになりました。

ベンチャー投資の新潮流「6テック」って何?(GLOBIS知見録)

[堀コメント]グロービス社内の「知の創造勉強会」の講演録。グロービスのVCの今野パートナーから話を聞きました。本当は、オープンにせずにグロービス内のみの知見とすべきかもしれないですが、知見録で共有することにしました。

 

さて、皆さんはどう思われますか? 堀義人への質問はこちら>>

※この記事は、NewsPicksの堀義人のコメントを再編集したものです。

RELATED CONTENTS