• ギリギリの背伸びをさせる/丹羽 多聞アンドリウ

    丹羽 多聞アンドリウ
    株式会社BS-TBS コンテンツ推進局局長 兼 事業部長 兼 統括プロデューサー

    ギリギリの背伸びをさせる/丹羽 多聞アンドリウ

編集部から一言

人を育てるうえで最も気にしていることは何かという問いに対する答え。テレビマンとしての多聞さんの経験則は、「その人ができるギリギリの背伸びをさせること」。いきなり「主役をやれ」「ドラマの脚本を書け」と無茶ぶりする。もちろん、どこがギリギリのラインなのかを見抜く眼力があってこそ。必ず伸びる、という。 ※ セッションレポートは、名言の下、「G1カレッジ 2014」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP