• iPSを独占させないために特許を取った/山中 伸弥

    山中 伸弥
    京都大学 iPS細胞研究所 所長

    iPSを独占させないために特許を取った/山中 伸弥

編集部から一言

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の基本特許は、日本、アメリカ、欧州など約30カ国で成立した。独占利益を得るためではない。京大が特許を取ることで世界中の誰もが使えるようにするため。一部の富裕層だけが使える超高額な先進医療にはさせない。山中氏の意地。 ※ セッションレポートは、名言の下、「引用した記事」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP