• 偏差値の呪縛で学ばなくなってしまう学生を、輪切りの価値観から解放する/村田 晃嗣

    村田 晃嗣
    同志社大学 法学部長

    偏差値の呪縛で学ばなくなってしまう学生を、輪切りの価値観から解放する/村田 晃嗣

編集部から一言

偏差値というのは罪深い。特定のある時期の学力を数値化したものが人生を縛る。自信を失い奪われる学びのモチベーション。自信過剰となってしまうことで奪われる学び続けるモチベーション。その呪縛から若い学生を解放することが大学の使命になっているということの異様さ。 ※ セッションレポートは、名言の下、「引用した記事」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP