• Weak Tiesによるやりとりが社会全体のイノベーションにつながる/茂木 健一郎

    茂木 健一郎
    脳科学者

    Weak Tiesによるやりとりが社会全体のイノベーションにつながる/茂木 健一郎

編集部から一言

「weak ties」(弱い紐帯)とは、辛うじて繋がっているかもしれないという状態を意味する。例えば、初対面の人とのつながり。ここを太くすると、情報やアイデアの新しい流れが起こり、いろいろな関係性が変わる。そこからイノベーションが生まれる。茂木氏曰く、「窓を開けて風を入れるような効果がある」。 ※ セッションレポートは、名言の下、「引用した記事」からご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
TOP