漆 紫穂子

学校法人品川女子学院 校長

漆 紫穂子

学校法人品川女子学院 校長

早稲田大学国語国文学専攻科修了。都内私立中高一貫校の国語教師を経て、品川女子学院へ。2006年から現職。2014年9月より教育再生実行会議委員。同校は1989年からの学校改革により7年間で入学希望者数が60倍に。現在は「28プロジェクト?28歳になったときに社会で活躍する女性の育成」を教育の柱に、企業とのコラボレーション、起業体験プログラム等、社会と子どもを繋ぐ学校作りを実践している。平成26年度スーパーグローバルハイスクールに指定。趣味はトライアスロン。2012年国際トライアスロン連合世界選手権スペイン大会エイジ部門日本代表。著書『女の子が幸せになる子育て』(かんき出版)、『伸びる子の育て方』(ダイヤモンド社)、『女の子が幸せになる授業』(小学館)、『女の子の未来が輝く子育て?娘も親も幸せになる7つのレッスン?』(朝日新聞出版)

PAGE
TOP