• カテゴリ画像

    変節点に見る理念経営

たとえば老舗企業が第二創業を期して大転換を図ろうという場合、また業界再編で合併した企業が経営統合後の再出発をはかろうという場合、あるいは創業家の影響力の強いオーナー企業がカリスマ依存の組織から脱皮しようという場合。企業がこれら変節点を越えながら永続するために大切なことは何か――。法人研修や経営大学院における知見に基づき、グロービスの竹内秀太郎が、理念経営実践のための要諦を考える新連載。第一弾は佐賀県では27年ぶりの上場企業となったアイ・ケイ・ケイのケース。
人物画像
竹内 秀太郎グロービス経営大学院ファカルティ本部主席研究員
竹内 秀太郎グロービス経営大学院ファカルティ本部主席研究員

記事一覧

PAGE
TOP