宮崎あおいの二面戦略「一眼デジカメオリンパス・ペン」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和の香り漂うオリンパス・ペン

モノクロームのスローモーション映像の中、宮崎あおいがカメラを構えて微笑む。オリンパスのデジタル一眼カメラ「オリンパス・ペンE-P1」のCM。現在テレビに大量投下中だ。デジタルカメラとして復活した往年の名機「ペン」。このCMの狙いは、戦略は、どんなものだろうか。

「オリンパス・ペン」というカメラの名前にノスタルジーを覚えるのは、中高年のカメラマニアだ。「Since1959」とCMのコピーにもあるように、初登場は1959年、東京オリンピックの5年前、高度成長期前期である。

当時のカメラは高価なライカが憧れの的であったが、その40分の1、6000円という価格を実現。さらにまだまだフィルムが高かったため、35ミリフィルムの1枚のサイズの中に2枚撮影できる「ハーフサイズ」を確立した画期的なカメラであったのだ。

その後も様々な改良が重ねられ、63年には世界初、世界唯一のハーフサイズの一眼カメラとしてリニューアルした。それが今回のデジタルカメラ化されたペンのコンセプトとなっているのだ。

中高年にとっては思い出深いカメラで、一度は手に取った人も多いはずだ。40代の筆者がカメラ少年だったとき、まだ中古機が多く出回っており、それを愛機としていた仲間も多かった。「ペン復活」と聞き、古き良き昭和の思い出をよみがえらせ、興奮している中高年の愛好家も、少なくないはず。

また、イメージキャラクターとして宮崎あおいを起用しているのが、絶妙だ。

宮崎あおいがつかむ2つのターゲット

宮崎あおいの趣味が写真であることを知るファンは多い。日々カメラを持ち歩いてカメラ日記をつけており、2005年には本人が撮り下ろした写真を交えながら様々な想いを綴ったフォトブック『祈り』(ネコパブリッシング)も刊行している。また、兄で俳優の宮崎将と、世界の経済格差問題を描いたフォトエッセー『宮崎あおい&宮崎将たりないピース』(小学館)、環境問題を描いた『Love,Peace&Greenたりないピース2』(同)を記すなど社会問題への関心も高い。

2007〜08年には、オリンパスのデジタル一眼カメラ「E-410/510」、「E-30」にも起用されているので、その流れではあるが、実際に写真を日々撮っている女優が推奨するという演出はにくい限りである。

宮崎あおいは4歳の子役からのデビューであるが、2005年、社会現象を引き起こした大ヒット映画「NANA-ナナ-」の主演で一気に注目を集めた。06年、NHK連続テレビ小説「純情きらり」のヒロイン役で家庭にも広く顔が知れ渡り、翌07年には、大河ドラマ「篤姫」主演によって、誰もが彼女を知ることとなる。

そんな彼女のファン層は、幅広いことが特徴だ。

テレビ小説、大河ドラマでの高い認知で中高年にも好感度を得ており、その一部は往年のオリンパス・ペンファンともかぶる。

家庭によく知られた顔で、実は写真の腕もなかなか。そんな彼女の推奨するデジタルになった「ペンE-P1」をもう一度手にしてみませんか、というメッセージが伝わってくる。

一方、女性の支持も高い。女性向けマンガが原作の『NANA』(集英社)の主演だけでなく、「篤姫」の役どころは多くの女性の共感を得た。女性をターゲットとした時、「ペン」のスペックもピッタリとマッチする。「ペンE-P1」はレンズ交換型デジタルカメラとしては世界最小・最軽量である。しかも、初心者にも使いやすい直感的な操作を実現しているのだ。デジタル一眼入門機としては昨秋に発売されたパナソニックの「ルミックスG1」シリーズが先行しているが、そのサイズよりさらに小さく軽い。また、ボディーカラーのホワイト、シルバーは明らかに女性向けであると考えられる。

通常、女性と中高年を中心とした男性という、相反する2つの層を狙ったターゲティングはあまり例がない。

名言

PAGE
TOP