女子中高生にとって「理想の母親」は誰? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにとって「理想の母親」をタレントに例えると誰?ピーネストが女子中高生に聞いたところ、女子中高生ともに元モーニング娘。の辻希美さんが1位という結果になった。2位は女子高生が女優の黒木瞳さん、女子中学生はモデルの益若つばささん。「全体的に女子中学生は若い世代の未婚女性を、女子高生は実際の母親の年代に近い既婚女性を多く選ぶ傾向が見受けられた。共通するキーワードとしては、最近流行している“友達感覚の親子付き合い”ができそうな女性を理想の母親に選んでいることがうかがえた」(ピーネスト)

親子の仲が疎遠になってきているといった話も聞くが、今の女子中高生たちは母親に対してどのような感情を持っているのだろうか。「お母さんが好き」と答えたのは、女子高生で70.7%、女子中学生で62.9%。「女子中学生の方が若干ポイントが低いのは、ちょうど反抗期に入っているからだろう」(同)としている。また将来、母親になりたいですかと聞いたところ、女子中高生ともに4人中3人が「なりたい」と回答。一方「なりたくない」と答えたのは、それぞれ10%にも満たなかったことから、子どもを産んだり育てたりすることへの興味は高いようだ。

母親のどんなところを尊敬しているのだろうか。女子中高生ともに「優しい」が1位、「料理がうまい」が2位という結果に。3位以下は中高生で分かれており、女子高生の3位は「仕事と家事を両立している」だったが、女子中学生では10位だった。「やはり女子高生の方が若干高い目線で母親を観察できているのだろう」(同)と見ている

携帯電話による調査で、女子中高生2002人が回答した。調査期間は4月17日から4月21日まで。

▼「BusinessMedia誠」とは
インターネット専業のメディア企業・アイティメディアが運営する、Webで読む、新しいスタイルのビジネス誌。仕事への高い意欲を持つビジネスパーソンを対象に、「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとして掲げ、Felica電子マネー、環境問題、自動車、携帯電話ビジネスなどの業界・企業動向や新サービス、フィナンシャルリテラシーの向上に役立つ情報を発信している。

名言

PAGE
TOP