目を見れば分かるは、本当か?桜庭和志なら、こう言うね。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目を見れば、相手の力量は分かる」「名刺交換の姿を見てあいつを見切った」——。経験豊富なビジネスの諸先輩方々の中には、こういう物言いをされる方がたくさんいる。でも、そういう「できるビジネスマン風」発言をされる方に限って、こちらから見切りたい人が多いのも事実。なぜか???

そこのところをIQレスラー・桜庭和志に聞いてみよう!

桜庭和志は、1969(昭和44)年7月14日、秋田・昭和町(現・潟上市)生まれ。プロレスファンなら誰でも知っているレスラーである。92年、プロレス団体UWFインターナショナルに入団。98年に高田道場へ移籍し、同年3月にPRIDE初参戦。グレイシー一族を次々と倒し「グレイシーハンター」として一躍トップファイターに。2000年には、プロレス大賞最優秀選手賞を受賞。中央大学卒業という経歴と、そのレスリングスタイルから、「IQレスラー」と呼ばれている。

そのIQレスラーが、『PRIDE名勝負伝説』(宝島社)の「シウバ戦を“名勝負数え唄”にする」で、秒殺(ほんの数秒で勝敗が決まること)の試合は面白くないということについて、こんな話をしている。

桜庭:面白くないですよ。見てる人もやってる人も。少なくとも僕は面白くないですね。最低でも、5分ぐらいは……。3分から5分はこう肌を合わして、ゴロゴロしてね。楽しむっていう訳じゃないですけど、相手の攻撃とか、防御の癖とかあるじゃないですか。そういうのを見ながらやりたいですから。

インタビュアー:3分から5分ぐらいやると、分かりますか。

桜庭:なんとなく、分かりますね。よく、握手すると分かるなんて、そんなの絶対ないです。

インタビュアー:組むと分かる?

桜庭:分かんない、分かんない。ただ、力が強いか弱いかしか、分からないです。

インタビュアー:プロレスなんかだとよく、「ロックアップした瞬間に分かる」とか言うじゃないですか。

桜庭:動いてみないと、絶対分かんないですよ。あと、目を見たら分かるなんて、絶対分かるわけない。相手が攻撃してくるときも、目を見ていれば何をしてくるか分かるなんて言うけど、絶対分かんないですから。目なんか見てたらボーンって、ハイキック食らっちゃいますよ。

こういう正直なことを言うから桜庭和志は、人気者なのだと思う。格闘技の世界で、「組めば瞬時に見切れる」「目を見れば分かる」と、まことしやかに伝えられている一流伝説は、幻想なのだ。きっと。

もちろん、圧倒的な実力差がある場合は、組んだ瞬間にすべてが分かり、秒殺で試合の勝敗が決まることもあろうかと思う。しかし、一流同志の戦いの間には、「組めば分かる」「目をみれば分かる」なんて嘘っぱち。言い換えると「見切りをじっくりすること」こそ、一流の証しということになる。

一流のレスラーの攻防は、決して派手なものじゃない。ただゴロゴロしているように見えるけど、よーく見てみると、凄い技の応酬が展開されている。息もつかせぬ面白さだ。相手の力をじっくりと引き出し、互いに楽しんでいるように見える。

そう考えると、「目を見れば分かる」なんて直感に対して、疑問を感じたり、臆病になることが、ほんとの一流への道程なのではないだろうかと思えてくる。

同様に、「今年の新入社員は、○○○タイプだから」「得意先の○○部長は、○○○だものね」と、見切ったことを吹聴するような会話が生まれるビジネスの現場も、概ね、大したことがない。「目を見れば、相手の力量は分かる」「名刺交換の姿を見て見切った」なんて上司に限って、コミュニケーションが下手で、部下を育てる素養に欠けていたりする。

レスリングもビジネスも、人間のやることだ。人間は、たった一つのことで見切れるほど単純ではない。その深いところに探求したり、怖れを抱くことが・・・面白いレスリング&素敵なビジネスの起点になるのではなかろうか。

ミステリー作家の京極夏彦氏が、妖怪漫画の巨匠・水木しげる先生に心霊写真を見せたら「目に見えないものが写真なんかに写るか!」と一喝されたという話をどこかで読んだ記憶がある。「私は、霊感がある」「目に見えないものが見える」というハッタリより、水木先生の言葉には、説得力がある。

妖怪や幽霊は、目に見えない、写真に写ったりしないものだから、絵に描いてみせているのが水木しげる先生であり、相手の力量が一発では見えないから、ゴロゴロと肌を合わせて確かめ、身体にその情報を刻み込みながら、格闘をするのがIQレスラー・桜庭和志なのだ。

「カン」とか「ひらめき」とか「霊感」とか、そういう人間としての感覚だけを信じたり、吹聴したりしないことから、一流の戦いは始まる。だから、秒殺で相手を見切ったなんて言う上司がいたら、気をつけた方がよい。私が知っている素敵な経営者達は、概ね、人間に対してあきらめが悪い。

▼「INSIGHTNOW!」とは
ビジネスコンサルティングサービスを提供するクイックウィンズが、2006年4月にスタートしたWEB2.0時代のオンラインビジネス情報誌。独立系/現役コンサルタントや経営者などのビジネスのプロフェッショナルが、「ビジョナリー(先見の人)」として、各専門分野における知見をダイレクトに情報発信している。ユーザー参加型オンラインビジネスメディアというコンセプトは、INSIGHTNOW!に訪れるビジネスパーソンと共に、さまざまな知識を持った人がお互いの知見を交換することで、より大きな価値を生み出せるという「オープンナレッジ」という考え方に基づいている。

名言

PAGE
TOP