「KY」の裏側と「KY」の壁を越える意味 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある若手の研修で、自分の意見を率直に発言した仲間に対して「KY……」とささやく声を耳にしました。しかし私は、「KY(空気が読めない)」という言葉に象徴される、その場の空気に敏感で場を乱すことに憶病な彼らに違和感を覚えました。

私達は長年、ビジネス組織の組織力の再生に尽力してきました。組織は生命体です。生きています。ですから、段階的に成長し、成長することで力を発揮していきます。その成長の最も重要なポイントは本音で話し合える関係づくりと、お互いの特性(強み弱み)を知ることです。

「空気を読む」には二通りの意味があります。一つは組織の成長段階の初期に発生する「様子見」の段階。もう一つは、成熟した段階になって発現されるチームのビジョンを優先し、個人の思考から抜け出し、チーム思考へと変化することによって起こる「阿吽の呼吸」と言われるものです。組織の成長を促進させるためには、まさにこの「KYの壁」を越え、二段階目の阿吽の呼吸に到達することが最重要テーマなのです。

「空気なんて読むな!本音で語り合えない人間関係の上に、本当に成長できるチームや組織なんて作れない」。私は思わず、叫んでしまいました。

以前、「11歳の肖像」という新聞の特集記事の中で、日本は「何でもあるけど夢がない」という言葉が掲載されていたのが、印象的でした。

また、2008年8月27日の朝日新聞「低い自己評価■自然体験の減少も影響か」という記事には、中学生の生活意識に関する調査として、「時には、私は役立たない人間だと思うことがある」という問いに、米国32%、中国25%、日本56%という回答を得たことが紹介されていました。この結果はショックであると同時に、なぜか腑に落ち感もありました。

彼らの多くは恐らく、個性を殺し、「空気を常に読みながら」出る杭にならないように生きてきました。いじめの対象にならないように。友達の輪からはみ出さないように。

叱られたい、共闘したい、という若手社員の本音

今、多くの企業が若手人材の育成に頭を悩ませています。職場ではまるで腫れ物を触るようにして、叱ったら「辞めてしまう」「逆切れされる」「うつ病になる」、だから「手厚く」「やさしく」そして「褒めて」いきます。しかし、本当にそんな接し方で、真に有能な人材は育つのでしょうか。そして、本当に彼ら若手社員は、そんなに弱いのでしょうか。本当に彼ら若手社員はそんな接し方を望んでいるのでしょうか。

以下、弊社の新人/若手フォロー研修を受講した若手社員から寄せられた声です。

・今まで仕事の意義やグループ内での役割が分からないことを、きちんとした説明をしてくれない上司のせいにしていましたが、まずは自分自身が変わらなくてはいけないという事を、はっきりと認識できたので非常に良かったと思います。

・自分の姿勢(本気かornot)について、叱って(?)いただいたのは高校以来で本当にためになりました。本気でやる、皆でやるってすごいパワーがあるのですね。

・チームで何かすることの楽しさを味わえたことはすごく良かった。普段の仕事はあまりチームワークという感じではないので、実際の仕事でもそれを実感できたらいいなと思います。この研修を通してできた仲間との関係を大切にしたいです。

・来週からは自分に厳しく、プロ意識を持って頑張りたいと思いました。

・最後にもお話しましたが、皆の前で話すごとが苦手で、人の目を見る余裕がなかった私が、少し抵抗なくできるようになったのは、本当に大きな変化だと感じています。こらからも恐れず続けていきたいと思います。どうもありがとうございました。

皆さんはこの声から何が聞こえてきますか。

「誰も甘やかされることを望んでなんかいない」「真剣に関わり本気で取り組みたい」「挑戦し成長し、自己の価値を実感したい」……そんな声が聞こえてきませんか?

本気でに仕事に取り組んだら楽しいということを、上司であるあなたは、大人であるあなたは、本気で実践し伝えていますか。もしかしたら、若手社員が育たない原因は、若手社員にあるのではなく、中堅社員や管理職の姿勢(大人の後ろ姿)にあるのではないでしょうか。

私には大人の自信の無さが子供たちや若い世代を鏡として映し出されているように感じます。私達が人生という時間を費やす目的は、夢のない、自分の価値も感じ取れない社会を作ることではないはずです。もう一度、自分の後ろ姿を確認してみませんか。そこに映し出されているものは、言葉以上に周囲に強烈なメッセージを発しているはずです。

▼「INSIGHTNOW!」とは
ビジネスコンサルティングサービスを提供するクイックウィンズが、2006年4月にスタートしたWEB2.0時代のオンラインビジネス情報誌。独立系/現役コンサルタントや経営者などのビジネスのプロフェッショナルが、「ビジョナリー(先見の人)」として、各専門分野における知見をダイレクトに情報発信している。ユーザー参加型オンラインビジネスメディアというコンセプトは、INSIGHTNOW!に訪れるビジネスパーソンと共に、さまざまな知識を持った人がお互いの知見を交換することで、より大きな価値を生み出せるという「オープンナレッジ」という考え方に基づいている。

名言

PAGE
TOP