あの男 真っ赤に燃えて 起業して 金が回らず 顔色真っ青 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人口が減少していく国内で伸びる分野はどこにあんねん?
ビジネスモデル構築の第一歩はまず、成長する分野に着目することです。少子高齢化の進展にともない、住宅や自動車など人口を基盤とした産業では、国内市場での成長が難しくなることが見込まれます。高齢者層や富裕層など新しいターゲット層も生まれていますが、近未来を予測する視点もビジネスプランには重要ですよね。

BRICs成長市場でひと儲け?顧客も知らずに売れまへんわな(泣)
国内市場が成熟期を迎え、BRICsに代表される新興国の市場に注目が集まっていますが、文化、経済、政治などすべての環境が異なる異国においては、しっかりとした事前リサーチなしで成功はあり得ません。それぞれの市場で、本当に顧客が欲しがっているものをしっかり掴みましょう。インド人もビックリ?

そのプラン机上論では上出来や!現場はもっとシビアに動くで
ビジネスプランを立てている内は、まだ具体的な活動をしていない段階なので当然、机上論になってしまいます。獲得できる売り上げや原料費の変化など、予測される環境変化に合わせて何通りもシミュレーションしておくことが重要です。

どこよりも安い価格が決め手です!大手が参入その時どうする?
価格設定には低価格で市場を獲得するペネトレーション・プライシングと、早期に資金回収を図るスキミング・プライシングがありますが、この価格なら一気に市場を獲得できるだろうと気合い十分で参入しても、資本に余裕のある大企業が参入すればひとたまりもありません。くれぐれも価格だけで勝負するモデルは描かないことが肝心ですわな。

開発も製造・販売これで行こ!付加価値どこにも残りまへんがな(泣)
ビジネスシステムを具体的に検討する手法としてバリューチェーンがあります。プランを練る段階では、開発、製造、物流、マーケティング、販売、サービスなどの流れの中で、自社の強みをしっかり定義しておきたいもの。でないと、いざ市場に出てみると、まったく競争力がなかった。な〜んて悲惨的な状況になるかも?

投資なしファブレスモデルで創業や品質管理の仕組みも作りや
自社は新製品の企画などに専念して、生産は外部に委託するファブレスという仕組みがあります。大きな初期投資が不要な反面、社内で品質管理することが困難です。また原料費などのコストアップについても、直接手を打つことができません。最近流行っているなんて安易な理由でビジネスモデルを決めることがないようにね。

あの男真っ赤に燃えて起業して金が回らず顔色真っ青
新しい事業を立ち上げる時には、熱い気持ちも必要です。しかし勢いだけで事業が回る訳ではありません。特に資金繰りについては考え過ぎなぐらいに、しっかりプランを練っておきましょう。「お母ちゃん小遣いちょっと前借りさして」な〜んて訳にはいきませんので。

【お知らせ】GLOBIS.JP創刊から続くご長寿企画「フレームワーク川柳」を盛り込んだ、「スマイルマーケティング手帳」が刊行されました!「お笑い芸人が肌身離さずネタ帳を持ち歩くように、ビジネスマンも自由に発想を広げるべき」と語る高橋健三氏が発行。「おもろい4Pを考えてみよう」など腹を抱えて笑える面白コラムと発想トレーニングが満載で、楽しみながら日々発想力を鍛えていける内容となっています。
詳しくはこちらから:

名言

PAGE
TOP