リーダーは自国の文化を発信できる存在であれ~池坊専好×大樋長左衛門×田中大×御立尚資 視聴時間 58:14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1サミット2017
第3部分科会E「文化資本の世界への発信Ⅰ ~新たな価値創造と伝統の文脈~」
(2017年3月18日開催/北海道ルスツリゾート)

千数百年の時に磨かれてきた日本の文化・アートは、伝統と革新を繰り返し、大きな価値を生み得る潜在資産となった。その力を解き放ち、世界の土俵で本来あるべき評価を勝ち取る。さらに、日本の地域創成やソフトパワー強化につなげる。そのために、我々がなすべきことは一体何なのか。室町以来の立花の源流を継ぐ池坊次期家元。江戸初期、裏千家始祖の仙叟宗室に同道して以来、金沢で伝統と革新を繰り返してきた大樋焼十一代。そして、日本の芸術を広く知らしめるため、「開運!なんでも鑑定団」にも出演する思文閣のトップ。それぞれの場で、重層的な文脈を踏まえながら、自らの道を築いてきたメンバーが、「いま」のための本質を議論する。(肩書きは2017年3月18日登壇当時のもの)

名言

PAGE
TOP