Jリーグ・Bリーグ・Tリーグのトップが語る!これからの「プロスポーツ経営」の課題とビジョン 視聴時間 1:01:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1サミット2017
第9部分科会C「Jリーグ・Bリーグ・Tリーグ~トップが語る世界の模範となるプロスポーツのビジョン~」
(2017年3月20日開催/北海道ルスツリゾート)

2016年9月、Bリーグの開幕戦に日本中が沸いた。2つのリーグは新たなリーグとして生まれ変わり、テクノロジーを駆使したアリーナならではのエンターテイメント体験に観客や視聴者は魅了された。スポーツと経営、ガバナンスの融合によって、プロリーグが活性化し、ファンの生態系が生まれる。熱狂の裏には、優れたマネジメントがあり、スタジアムやアリーナを活用した新たなビジネスやコミュニティが生まれつつある。スポーツの持続可能な発展の実現に向けたプロリーグ経営者たちの行動とは(肩書きは2017年3月20日登壇当時のもの)。

<動画冒頭をテキストでご紹介>
河野氏: 私、モデレーターをやらせていただいておりますが、衆議院議員というよりは、Jリーグの湘南ベルマーレ元代表取締役ということでなのかなと思います。
わが町、平塚は、藤和不動産、フジタ工業、フジタ、そしてベルマーレ平塚を抱えていました。日本リーグ優勝3回、天皇杯優勝3回、アジアチャンピオン1回だったのですが、フジタ撤退によって倒産しまして、ベルマーレ平塚を湘南ベルマーレに切り替えて再出発しました。ベルマーレに所属していた中田英寿選手からスポンサーとしてお金をもらい、背中に「nakata.net」という広告を出しながら、ある時は「資金が足りません」みたいな状態で、これ俺の選挙費用だから必ず返してね、というのを突っ込んだり、結構、弱小クラブの悲哀を味わいながらJ1に何度か復帰しました。今季はJ2におりますが、今の時点でJ2首位を独走中、得失点差で1点上回って首位という感じです。
ということで、今日はJリーグ、それから今後発足するTリーグ・・・卓球のTなのかテーブルテニスのTなのか・・・それからBリーグ、JTBシリーズでお届けしたいと思っています。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP