写真で綴る「G1サミット2016 in 沖縄」(DAY 2) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「G1サミット2016」の2日目のトピックは、伊江島ツアー、そして本会議の開始、かりゆしナイト、ナイトセッションです。写真とツイッターコメントなどで振り返ります。

◆◆◆第2日 2016年3月19日(土)◆◆◆
●第8回G1サミット in 沖縄の2日目。部屋から見える美ら海(ちゅらうみ)です。天気は曇り。朝7時半から伊江島ツアーです。

●沖縄本島の本部港からフェリーで約30分。沖縄戦での激戦地で多くの島民が犠牲となった。離島で唯一米軍基地が存在する地でもあります。琉球大学名誉教授の高良倉吉先生と共に約100名の参加者が2班に分かれて訪問しました。地元の高校生も参加。伊江島に向かうバスの中の様子です。
 

●直前までの雨が奇跡的に上がり、著名な従軍記者アーニー・パイルの碑を訪問。伊江島村長、島袋秀幸さんによるご説明を伺い、献花をしました。

●城山(ぐすくやま、172m)に登頂。絶景です!
 

●沖縄戦で犠牲となった島民と軍人約3500柱が合祀されている芳魂之塔にて、献花をさせていただきました。
 

●そして、本日から参加組が合流して、万国津梁館にて、いよいよG1サミット2016の開会です。僕は、かりゆしウェアに身を包んで登場!当然片手には、「100の行動」です。皆さん、もう買いましたか?ぜひ一人一冊購入して、一緒に日本を動かしましょう。(^^)/
 

 

●安慶田光男・沖縄県副知事に御登壇頂き、翁長雄志沖縄県知事からのメッセージをいただきました。
 

●第1部全体会「2020 & Beyond 沖縄で描く日本の未来と100の行動」です。内閣官房副長官の世耕弘成さんと慶応大学教授の竹中平蔵さんにご登壇いただきました。
 

●第2部全体会「労働規制改革~岩盤を打ち崩せるか~」。パネリストは、河野太郎 規制改革担当大臣、細野豪志 民主党政調会長、冨山和彦 経営共創基盤(IGPI)CEO。モデレーターは、グロービス経営大学院の専任教員でもある岡島悦子さんです。
 

●第3部全体会「世界の地政学リスクと日本の外交」。パネリストは、多数国間投資保証機関(MIGA)の本田桂子長官CEO、前原誠司 元外務大臣、キヤノングローバル戦略研究所の宮家邦彦さん。モデレーターは慶応大学准教授の神保謙さん。
 

●第4部は、4つの分科会に分かれました。分科会A「被選挙権引き下げとネット投票の実現に向けて」。パネリストは平将明さん、細野豪志さん、松田公太さん。モデレーターは佐藤大吾さん。
 

●第4部分科会B「テクノロジーとネットの融合がもたらす未来」。パネリストは、スマートニュースの鈴木健さん、グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一、コロプラの馬場功淳さん。モデレーターは、ヤフーの川邊健太郎さん。コントリビューターは、三宅伸吾議員。
 

●第4部分科会C「2020 & Beyond~100年後のTOKYOをつくるイノベーション~」。パネリストは、ハーバード大学院の森俊子教授、齋藤貴弘弁護士、チームラボ猪子寿之社長。モデレーターは、A.T.カーニー日本法人会長の梅澤高明さん。コントリビューターは越智隆雄議員。
 

●第4部分科会D「日本的なるもの~文化資本の継承と変革~」。パネリストは、下村博文前文科大臣、俳優の辰巳琢郎さん、BCGの御立尚資シニアパートナー。モデレーターは、シンクタンク・ソフィアバンクの藤沢久美さん。
 

●分科会後は、カクテルパーティーです。同い年の安倍昭恵総理夫人とパチリ。
 

  
●そして、かりゆしナイトへ。かりゆしウェアを着用し、沖縄の伝統芸能、食文化を楽しむ「かりゆしナイト」。オープニングのご挨拶は竹中平蔵さん。
 

●そして、沖縄県うるま市の中高生による「現代版組踊 肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)」を楽しみました。
 

●「かりゆしナイト」、乾杯のご挨拶は安倍昭恵 総理夫人でした。「来年は、主人を連れて来たい」と仰っていました。
 

●「乾杯!」
 

●「かりゆしナイト」のもう1つのエンタメは、沖縄を代表する音楽家 喜納昌吉さんとチャンプルーズによるライブ。「花」と「ハイサイおじさん」で大いに盛り上がりました。
 

●会場は熱気の渦に包まれました。
 

●「かりゆしナイト」と同時進行していたのが、G1マダム(スパウズ)とG1ジュニアの合同ディナーです。こちらのセッションのテーマは「賢い子供の育て方」。パネリストは、花まる学習会の高濱正伸先生と『学力の経済学』著者の中室牧子さんでした。
 

●「かりゆしナイト」の後は、G1ナイトセッションです、20近くのグループに分かれて議論します。そのうちの1つのグループの風景です。このグループのテーマは、「日本の広報戦略」。様々な分野のリーダーが夜更けまで熱く、真面目に議論しています。

 

そしてこの後にアフターアワーへと続きました。(^^)
G1 の夜は遅く、朝は早いです。
 
2016年3月23日
海南島から香港に向かう機内にて執筆
堀義人

(DAY 3編に続く)

名言

PAGE
TOP