アンデルセン、オタフクソース、獺祭(だっさい)――長く愛される商品の戦略 視聴時間 1:14:03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1中国・四国2015
第4部 分科会C「中国・四国発、食と文化で世界に挑む」

地域に根差した小さな店や酒蔵からはじまり地道な経営努力を積み重ね、日本全国そして世界で圧倒的な評価を集める中国・四国の3つの企業。彼らの業界の常識を覆す変革への取り組みと、こだわりぬいた経営論を学ぶ。杜氏制度を廃止し生産技術を確立した「獺祭」の酒職人桜井氏、一滴一滴に性根を込めたソースづくりとお好み焼き文化の普及に向けて専門課を設置したお好み焼き職人の佐々木氏、デンマークに学び、パンのある暮らしを広めるための人材教育にこだわるパン職人の吉田氏が、佐賀県知事から国政に転じた古川氏とともに、世界に挑む戦略と経営術を語り合う(肩書きは2015年10月16日登壇当時のもの)。
 

名言

PAGE
TOP