池澤あやかさんが体験!オンラインMBAが「いいとこ取り」の理由は? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優、ときどきプログラマとして活躍される池澤あやかさん。テレビ出演や雑誌の連載執筆などお忙しい合間を縫って、先日行われた「サンカクの学校」のイベントで、グロービス経営大学院が提供するオンラインMBAの授業を受けていただきました。

Q. 結婚式会場から受講されたとか。ログインなど問題ありませんでしたか?

1日目と2日目の授業は自宅外で受けました。1日目は友人の結婚式が行われた会場、2日目は電車移動中に。結婚式会場は全く問題なく、電車は地下鉄内で少しつながりにくかった程度で(※1)、快適に受講できました。セットアップしてログインし、チャットしてしゃべってとか、挙手ボタンで挙手するのもスムーズでした!

オンラインの授業だと、いろんなところで受講できるのがいいなと思っています。一方で、学校に行って出席する授業の方が、たとえば直接質問できたりわからないことあれば返してくれるとか、周りの人とコミュニケーションができるといった良さがあると思っていたのですが…。実は今回受けたオンラインの授業は両方の要素が満たされていたので(※2)、いいとこ取りだなと感じました。

Q. 授業内容はいかがでしたか?

普段はIT系の取材をしたりインタビューを受けることが多くて、実は、マーケティングの「マ」の時も知らなかったので、勉強になりました。「4Pって何?」「STPって何?」と。

それと、今回の「サンカクの学校」のイベントでは本当にいろんな方が参加していて面白かったです。普段の生活ではコミュニティ依存になりがちですが、たとえば弁護士の方やM&Aをされている方など、そういった普段会わない方と話し合うといろんな視点が出てきて、議論も盛り上がりました。3日目のリアルケーススタディでは、企業の方が実際に参加してくださって、事前資料にはないリアルな数字を教えてくれて一緒に課題の解決方法を考えたり…。普通に働いていると経験できないことができて面白かったですし、自分の視野を広げることができたと思います。

※1 PCの場合は光回線かつ有線、スマホ・タブレットでの場合は無線LAN(Wi-Fi)のご利用を推奨します。
※2 リアルタイムの授業なので、挙手ボタンで教員に質問したり、チャットでクラスメートとコミュニケーションを取ることが可能です。

【関連リンク】
・オンラインMBAの体験セッション
・【マンガで読む】オンラインMBA体験記

 

名言

PAGE
TOP