グーグルの人工知能が人間の棋士を打破、企業経営への応用も近い 

【堀ピク】1月29日~31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月29日~31日に堀義人がピックアップしたニュースです。

「囲碁の謎」を解いたグーグルの超知能は、人工知能の進化を10年早めた(WIRED.jp)

[堀コメント]3月のイセドル氏との戦いは楽しみだ。ヨーロッパチャンピオンの力量は、日本ではプロの手前の院生レベルだと思う。囲碁の世界は、日中韓台が圧倒的に強い。人工知能がヨーロッパ棋士を破ったのは衝撃だが、まだ力量には開きがある。

ただ、依田棋士を4子で破ったAIからの進化スピードからすると、今は2子ぐらいの違いであろう。3月の時点ではイセドルの方が強いのではないかと思う。

ただ、3月にどっちが勝つかに注目しつつも、このAIの進化の潜在力に着目すべきだと思う。

なぜか?

囲碁は、経営と最も近いからだ。経営の複雑性(人が関与する、1対1ではない、経済などの外部環境が変化する)を除くと、そこには囲碁盤があると僕が形容するように、囲碁と経営はとても近い。

囲碁でAIが人間に勝つならば、経営のボードルームにAIが座る機会が近いうちに来ると思う。経営判断を人工知能に競って相談する時期が来るであろう。そう思わせる進化のスピードだ。

以下御参考まで。
信長と囲碁〜なぜ織田信長は囲碁を打っていたのか?

内閣支持率51% 甘利氏問題は影響せず(毎日新聞)

[堀コメント]凄いね。抜群の安定感だ。平和安全法制後にV字回復だ。左派系の新聞である毎日新聞で支持率50%を超えたのは大きい。
(以下引用)
「安倍内閣の支持率は51%で、昨年12月の前回調査から8ポイント上昇した。支持率が5割を超えたのは2014年3月調査以来。不支持率は30%と前回より7ポイント低下した」

高齢者の地方移住促進へ法改正案 政府、今国会に(日本経済新聞)

高齢者が地方に移住するためには、地方都市を、車を使わなくても過ごせるコンパクトシティー化することが重要だと思う。イメージとしては欧州の数十万人都市に、路面電車が敷設されている雰囲気だ。犬や猫のペットとともに、街中を散歩してカフェでお茶をして、生活をするイメージだ。

これを実現するために、2月8日より「水戸ど真ん中再生プロジェクト」を始める予定だ。シャッター街化した水戸のど真ん中を再生するには、路面電車を使ったコンパクトシティー化が重要だと思う。地方への人口移動の流れと連動できるとなお良いでしょう。

東京が一極集中化していても、地方の創生はできると思う。新しい地方をつくるために、ふるさと水戸で、大きなプロジェクトをぶち上げてみたいです。

高齢化する日本に合う地方モデルが作れるといいですね。

名古屋駅前、激しい人材争奪戦 相次ぐ施設開業で採用難(朝日新聞デジタル)

グロービス名古屋校もJRゲートタワーに引っ越しの予定だ。東京以外でも人手不足は深刻だ。配偶者控除をなくし、定年を延長するとともに、生活保護制度を見直して、移民も検討すべきと思う。政策総動員で、経済を伸ばして欲しい。

戦闘終結後は帰国を=独首相、難民に促す(時事通信社)

法律を作って強制的に送還しない限りは、ドイツに住み続ける人が多いと思う。生活水準、所得水準が違うからだ。メルケル首相は、個人的な感情を政策として実行してしまった。メルケル首相の良い点でもあるが、そのことにより、欧州内の貴重なリーダーシップを弱めてしまった。そして、欧州は「学級崩壊」状態になった。

若者のテレビ離れ"の真相は!? 2,000人アンケートを見に、フジ中嶋優一CPを訪ねた(マイナビニュース)

テレビは、スポーツ中継と囲碁番組しか見なくなった。「テレビ」を「コンテンツ」と「ディストリビューション」とに切り分けて、「ディストリビューション」でネットに負けても、「コンテンツ」売りが増えれば良いと言う発想の切り替えが重要だと思う。

新たに不登校になった小中学生6.5万人 2014年度(朝日新聞デジタル)

[堀コメント]不登校となっても、発達症であっても、学力的な学びに不利にならないような、自宅でも学習可能なテクノロジーによる教育があると良いと思う。1億総活躍社会は、排除をしないインクルーシブな社会だと思う。そのためには、テクノロジー教育により、差異を埋めることが大事だと思う。

「教育現場にテクノロジーを」と教育再生実行会議で強く訴えてきたら、先日の政府の成長戦略に盛り込まれていた。教育を強くすることが、経済成長にも寄与する。ぜひ実行し、インクルーシブな教育を実現して欲しい。

国の魅力ランキングで日本は7位 中韓トップ10入りならず、韓国は「セクシー度ゼロ」(Zuu Online)

[堀コメント]日本が7位か。もっと行けそうな気がする。でも、何だかタイトルに恣意性を感じる。中韓を意識すぎなくても良いと思うし、韓国をdisらなくても良いと思う。

クリントン氏の私用メール7通「極秘」 選挙戦に打撃(朝日新聞デジタル)

[堀コメント]この時期にこの内容の公表。国務省の意図を感じる。これで、民主党は、サンダース氏が勝つ可能性が大きくなってきた。そうなるとサンダース対トランプとなる。するとブルームバーグ氏の立候補の可能性が出てくる。次期大統領選は、ここにきて劇的な変化を遂げている。要注視だ。

米アップルがワイヤレス充電技術を開発中、来年にも実用化か-関係者(Bloomberg)

[堀コメント]電磁波の影響はどうなのだろうか?僕は、スマホを耳に当てられないほど電磁波過敏症なので気になります。放射線よりも電磁波の方が、体に悪いと思っています。

日本のエリート教育を牛耳るたった2つの塾(東京経済ONLINE)

[堀コメント]我が家の子供達は、小学校時代囲碁ばっかりやっていたので、SAPIXの試験に落ちていた。塾の試験に落ちるなんて、僕は聞いたことがなかった。中学校からは、部活や留学をするので、鉄緑会などは入るわけがない。

塾よりも、囲碁と部活、そして留学をすれば、だいたいの頭脳、体力、人格形成ができると思う。

駐車場シェアの「akippa」が6億円を調達--2017年内に駐車場数トップへ、海外も視野(CNET Japan)

[堀コメント]グロービスは、Akippaを応援します。駐車場は、シェアリングエコノミーの中でも、法律の障害が無く、伸びていける、数少ない分野だ。AirbnbやUberは、既存事業の軋轢があるが、Akippaは無い。みんなが喜ぶ事業だ。期待したい。

ダボス会議2016年~4) 「デジタル時代のアジア」に登壇(GLOBIS知見録)

[堀コメント]ダボス会議4日目。金曜日。朝から重要な会議が目白押しだ。前日の夜のジャパンナイトやグロービスナイトで立ちっぱなしだったから、足が棒のようになっていた。


さて、皆さんはどう思われますか? 堀義人への質問はこちら>>

※この記事は、NewsPicksの堀義人のコメントを再編集したものです。

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設。2011年3月大震災後に、復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、理事長を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『人生の座標軸』(講談社)等がある。

名言

PAGE
TOP