「フレームワーク思考」を使えていますか? 

GLOBIS知見録 リニューアル記念プレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレームワーク(枠組み)を用いて情報を整理し、意味合いを考えるという「フレームワーク思考」が注目を浴びています。何らかの枠組みを設けて情報を整理すると、全体の俯瞰が容易になり、意思決定やコミュニケーションの効果が格段に上がるのです。特に知っておきたいのが、定番のビジネスフレームワークです。

たとえば、事業戦略についてヒントを得たいのであれば、「3C分析」というフレームワークが非常に有効です。これは、事業に関わる事象を、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)という枠組みで把握し、ヒントを得るものです。

あるいは、新しいベンチャーのビジネスモデルを理解するのであれば、クリステンセン教授らが提唱したフレームワーク、「提供価値」「利益方程式」「主要業務プロセス」「主要経営資源」の枠組みで捉えると、ビジネスモデルの特徴が非常によくわかります。私自身、新しいベンチャーのビジネスを理解する時には、自然とこの枠組みで考える癖がついています。

こうした定番のフレームワークは、どれも「先人の知」が詰まったものです。それらを数多く知っておくことは、ビジネスパーソンが業務効率を上げる上で非常に有効です。

さらに言えば、こうした定番フレームワークは世界のビジネスリーダーの常識となっています。彼らの多くが、これらを経営大学院などで体系的に学習しているためです。彼らと競争をする際に、「自分はそうしたフレームワークは知りません」ということでは、勝てる可能性は低くなるでしょう。世界のライバルが知っている定石(定跡)を自分も知っておくことはいまや必要条件なのです。

フレームワークを使う際に注意すべき点は?

このように、ビジネスフレームワークは有効なツールですが、往々にして多くのビジネスパーソンは、その表層的な「型」だけを見て理解したつもりになりがちです。

フレームワークを学習したり活用したりする際には、まず「使うべきシーン」や背景にある論理、他のフレームワークとの関係、弱点や限界などを押しっかり体系的に押さえることが必須です。

たとえば「5つの力」という業界分析のフレームワークは、業界の魅力度を理解するために用いると非常に有効ですが、しばしば混乱して、個社の状況整理に用いる方が少なくありません。これでは効果半減です。あるいは、「PPM」というフレームワークも、一定の示唆は得られる半面、分散事業には当てはまりにくいとか、シナジーを考慮していないなど、さまざまな弱点が指摘されています。これらを理解しないまま、四角四面に用いると、かえって誤った結論を導き出しかねないのです。

また、単にフレームワークを情報の整理に用いる人がいますが、これもまずいパターンです。「So What?」を自問して適切に意味合いを引き出したり、打ち手の可能性を幅広く大きな漏れなく考えることにこそ、フレームワークを使うことの意義があります。フレームワークで俯瞰的に物事を捉えた上で、徹底的に考え抜くことが必要なのです。フレームワークは魔法のツールではなく、水先案内人にすぎないことを再確認しましょう。

これらの課題を乗り越えることは決して容易なことではありませんが、だからこそライバルに差をつけるチャンスとも言えます。そうした努力は必ず大きなリターンをもたらしてくれるはずです。

知見録アプリ&ウェブ
リニューアル記念プレゼント!

GLOBIS知見録アプリ&ウェブの全面リニューアルを記念し、本コラムの執筆者である嶋田毅の新刊書籍を抽選で10名様にプレゼント!クイズに答えてぜひ応募してください!

■クイズ
「PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)」の4つのマス目に該当しない名称はどれ?
A. 金のなる木
B. 問題児
C. ボス猿
D. 負け犬

■賞品
グロービスMBAキーワード 図解 基本フレームワーク50』(ダイヤモンド社)

発売直後にAmazon売れ筋ランキング(ビジネス・経済ジャンル)で上位ランクインした定番フレームワーク解説書。詳しい内容はこちらをご覧ください。
経営知識を俯瞰するために ―『グロービスMBAキーワード 基本フレームワーク50』

■当選人数
10名様

■応募方法
(1)まず、「GLOBIS知見録」アプリをインストール
(2)アプリ・トップ画面のキャンペーン案内から応募フォームにアクセス
(3)クイズの答え(A~D)、お名前、メールアドレスを入力して送信

■応募期間
2016年2月3日(水)~2016年2月17日(水)18:00
※本キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

東京大学理学部卒、同大学院理学系研究科修士課程修了。戦略系コンサルティングファーム、外資系メーカーを経てグロービスに入社。累計150万部を超えるベストセラー「グロービスMBAシリーズ」の著者、プロデューサーも務める。著書に『ビジネス仮説力の磨き方』『グロービスMBAビジネス・ライティング』『グロービスMBAキーワード
図解 基本フレームワーク50』(以上ダイヤモンド社)、『[実況]ロジカルシンキング教室』『[実況』アカウンティング教室』『競争優位としての経営理念』(以上PHP研究所)、『利益志向』(東洋経済新報社)、『ロジカルシンキングの落とし穴』『バイアス』『KSFとは』(以上グロービス電子出版)、共著書に『グロービスMBAマネジメント・ブック』『グロービスMBAマネジメント・ブックⅡ』『MBA定量分析と意思決定』『グロービスMBA事業開発マネジメント』『グロービスMBAビジネスプラン』『ストーリーで学ぶマーケティング戦略の基本』(以上ダイヤモンド社)など。その他にも多数の共著書、共訳書がある。
グロービス経営大学院や企業研修において経営戦略、マーケティング、ビジネスプラン、管理会計、自社課題(アクションラーニング)などの講師を務める。グロービスのナレッジライブラリ「GLOBIS知見録」に定期的にコラムを連載するとともに、さまざまなテーマで講演なども行っている。

名言

PAGE
TOP